フライトログとして使える「my flightrader24」 主な機能をご紹介

年明け、飛行機仲間から教えていただいた「my flightrader24」です。

パソコンやスマートフォンのアプリなどで見られる航空機追跡サービス「flightrader24」のフライトログ版というべきか、自分のフライトを登録することができます。利用料は無料です。

試しに、自分のこれまでのフライトの一部を登録してみました。上の画像(↑)は、これまでの国際線の一部と、日本国内線が過去2年分です。

実は、フライトログブッグを一度も使ったことがないので、国際線は資料用として保存していた旅ノートに貼り付けていた搭乗券などから。国内線はマイレージサービスの管理画面やメール画面から、必死に遡りました。2、3日がかりになりましたよ・・・途中からは半ば意地になって登録したので、手首が腱鞘炎になりかけました(苦笑)

「my flightrader24」に登録できるのは、以下です。

■ 搭乗日
■ フライト便名

■ 出発地・到着地
■ 利用航空会社
■ 使用機材

■ 搭乗クラス
■ 座席の場所(窓側・中央・通路側)※座席登録も可

一部しかわからなくても、登録できます。すでにない航空会社や機材も登録可能。30、40年分ぐらいは余裕で遡れます。

直近のフライトだと、搭乗日とフライト便名を入力すると、「flightrader24」から自動的に出発地や利用航空会社などが表示されます。ただ、けっこう間違って表示される・・・ピーチやジェットスター・ジャパンとか。もちろん自分で修正できますのでご安心を。

今までの国際線をおおよそ登録してみて改めて気づいたこと、いろいろありました。

例えば、「大西洋を横断したいな」と。大西洋横断なんて日本にいる限りはまったく縁がないことなのだけれど。ロンドンやパリからニューヨークかワシントンDCあたりに飛べば、ルートが繋がる・・・と思うと、ちょっと興味を持ち始めました(苦笑)

アフリカや中南米への渡航歴がないので、その辺のルートがないのは致し方なし。治安面を考えると、今後も難しそう。南アフリカ(の治安がまだマシな場所)かケニアには行ってみたいという興味はあるのだけれども。中南米は・・・アルゼンチンかな。なんとなく。

アメリカも大きいので、真ん中のほうにまったく行っていないに気づきました。デトロイトとインディアナポリスだけ。テキサスなら行けるかな、日本から直行便もあるし、と。COTAとか。

子どものころから、世界地図とにらめっこしてずっと生きてきたので、大人になってもこういうのを登録するのは楽しいですし、これからも飛ぶので楽しみ!



++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

JAL日本航空 先得

You may also like...