海外SIMは「AIS」最強! シンガポールと香港で使ってみた 【Amazon購入】 – 世界ソラ旅

海外SIMは「AIS」最強! シンガポールと香港で使ってみた 【Amazon購入】

海外でスマートフォン(iPhone)をよく使うため、
SIMフリーの端末で、現地で「SIM」を入れ替えて、
通信を利用しています。

その「SIM」はどこで手に入れるかというと、
以前は「現地の空港」がほとんど。

ただ、アジアはともかく、アメリカなどは、
空港で手に入らなかったり、日本もそうだけど、
異様に価格が高かったりで、困ったな・・・と、
思い悩んでいたところ、まるで救世主の如く、
素晴らしいSIMが最近、登場しまして・・・

AISアジア16カ国 周遊プリペイドSIM 4GB 8日間 4G・3Gデータ通信使い放題

実際にシンガポールと香港で利用してみました(2019年12月)

【目次】

1. 「AIS」SIMの入手先
2. SIMを利用する際の手順は?
3. シンガポールで実際に使ってみた!
4. デメリットもちょっとある
【まとめ】日本でも使えてもう最強のSIM

1. 「AIS」SIMの入手先

「AIS」は、タイ最大手の携帯電話会社です。

タイ滞在時に、何度か現地の空港で買い、
使ったことがあります。
通信が途切れることなく快適に利用できました。

で、この「AIS」のSIMをどこで手に入れるかというと、
日本の「Amazon」で買えます。
しかも(国によっては現地での相場を考えると)
けっこうお手軽価格!

【利用可能国・地域】
シンガポール、オーストラリア、ネパール、マレーシア、インド、ラオス、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、カタール、インドネシア、台湾、香港、マカオ、韓国、スリランカ、中国、ブルネイ、ベトナム、日本

SIMカードを挿入し開通後、8日間(192時間)4Gまたは3G高速データ通信が使い放題で利用可能
※ただし8日間以内にデータ通通信量が4GBを超えると128kbpsへ速度制限される

日本でも利用できるのがありがたいです(後述)

2. SIMを利用する際の手順は?

実際に購入すると設定マニュアルが付いていました。
日本語です。

何度か海外でSIMを利用していたらマニュアルを見ずとも、
設定できますし、初めてであればこのマニュアルなり、
「Amazon」にもコメントが載っています。

日本滞在中の設定がおすすめです。

よくやる、機内や現地で入れ替える手間もなく、
日本では「ソフトバンク」として利用できるので、
自分のような格安SIMユーザー(Biglobe)だと、
データ通信料の節約にもなりました。

なんたって「4GB」もある!
(1ヶ月3GBデータ分しか契約していないので)

「AIS」のSIM特有なのか、スマホの設定にある、
「APN」のプロファイルを削除しなくても、
そのまま通信ができます。普通に。
心配な方はプロファイル削除がおすすめ。

3. シンガポールと香港で実際に使ってみた!

日本にいるうちから、このSIMに入れ替えていたので、
現地到着時に機内モードをオフにしたら、自動的に、
現地のキャリアにつながりました。便利!

香港経由シンガポールだったので、この両国で、
SIMを入れ替える手間もなくそのまま利用でき、
接続も大変スムーズでした。

接続速度も、体感的にまったく問題なし。

4. デメリットもちょっとある

このSIM唯一のデメリットかも?

タイ語でSMS、よく届きます。
追加チャージできるよ、的な文面かと思いつつ、
タイ語まったく理解できないので意味不明。

ま、スルーすればよいだけですが。

【まとめ】日本でも使えてもう最強のSIM

現地に行くたびにいちいちSIMを買っていて、
家には「束」になっているほどある中で、
今後はもうこれ1枚で決まりな気がします。

値段もしかり、日本でSIMを入れて使えて、
現地でも着いた瞬間に使えるのが便利すぎ。

アジア版だと、台湾や韓国、そして中国、
オーストラリアも使える。
台湾は現地のほうが安いから現地で買うかも、
だけれど。周遊の時は便利。

ちょっと割高なヨーロッパ版は、アメリカも使える!
アメリカは現地購入が高いので、これで解決。
ホント便利なSIMです、これ。
まとめ買いしてもいいぐらい!



You may also like...