【アメリカ・ハワイ】 日本で買えて使うのも便利な「SIM」を見つけた!

ここ数年、半年に一度は訪れるアメリカ。

アメリカの場合、現地で「SIM」を手に入れようとして最初、
大変な経験をしたので、その後、日本の「Amazon」で、
事前に買ってアメリカに持参するというパターンが、
続いています。

アメリカでは、SIMは空港などですぐ簡単には手に入らず、
アジアのようには売っていません。

で、アメリカへ行く前に、いつも買っていた「SIM」はこちら(↓)

安くて簡単! アメリカ・ハワイの「SIM」は日本で事前購入おすすめ

今回(2020年1月)、いつもの「SIM」から、
ちょっと別のものを使ってみました。

なお、「SIM」は、SIMフリーのスマートフォンでしか、
基本使えません。
SIMロックがかかったスマートフォンやタブレットでは、
「WiFIルーター」の利用がおすすめ。

グローバルWiFi
海外行くなら!イモトのWiFi

日本語ではありません。
香港で販売されている「SIM」です。

厳密には、香港の通信会社ThreeHK社が発行している、
ローミングSIMカード。

使い方は、簡単。
スマートフォンのSIMを入れ替えるだけ。

念のため、日本で使っている「APN」(プロファイル)は、
削除したほうが、現地での通信が安定しました。

日本語の設定マニュアルも付いてきました。

以前のSIMよりも「安い」のに加え、使いやすかったのは、
SIMの抜き差しだけで設定完了すること。

以前のものは、利用したい日の24時間前までに、
利用登録の申請をしないと使えなかったので。
一度、忘れていて、慌てて申請したものの、1日使えず、
ちょっと損をした気分に(忘れた自分が悪いのだけれど)

今回はその面倒が一切不要!

中国語のSMSがいくつか届くけれど、スルーでOK。

使えるデータ量なども「8GB、30日間」と多め。
1~2週間までなら余裕です。
アメリカはWi-Fiスポットも多いですし。

アメリカでの通信会社も大手「AT&T」で、実際に使ってみて、
山間部など以外は、通信が途切れることなくスムーズ。
ハワイ島でも、ほぼずっと「4G」使えました。

次回のアメリカも、このSIMで99%決定。
おすすめです!



You may also like...