シンガポール・チャンギ空港にある「仮眠室」に泊まってみた【利用レポ】 – 世界ソラ旅

シンガポール・チャンギ空港にある「仮眠室」に泊まってみた【利用レポ】

シンガポール・チャンギ空港、一般エリアにある宿泊施設は、
「クラウンプラザ」「ヨーテル」そして「THE HAVEN」です。

クラウンプラザは高い、ヨーテルもやや高い中で、
最も安いのが、ターミナル3にある「THE HAVEN」で、
ずっと前から気になっていたものの、いつも【満室】なんです。
やはり人気があるんだなーと思っていたところ。

ついに、泊まりました(2019年12月)

agoda」で予約して、1万円ちょっと!(夜10時~朝10時まで滞在分)
公式サイトから予約しても良いけれど「agoda」だと半額だったので、
今回はお得なほうで。

>> 国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

【目次】

1. ターミナル3一般エリアのラウンジにある
2. あくまで「仮眠室」という設備
3. シャワーとラウンジも利用可能
4. メリット・デメリット
【まとめ】1泊もしくは短時間滞在で

1. ターミナル3一般エリアのラウンジにある

「The Haven by JetQuay」の場所は、ターミナル3の1階(到着階)

到着口を出て右に歩き、マクドナルドの前です。
受付はラウンジと同じ。

「THE HAVEN」公式サイト

「チェックインしたい」と伝えるだけで、
受付のスタッフが、部屋の鍵をくれます。
仮眠室は18室あります。

最低3時間での利用可(夜は85シンガポールドル~)
ただ、夜は事前に【満室】かなり多い模様。

このラウンジは「プライオリティパス」でも利用できます。
ラウンジとシャワーは、プライオリティパスだと無料。
実はこのラウンジ、シンガポール行く際に毎回利用してます。
今回も到着後すぐ、ちょっと休憩で・・・

シンガポール・チャンギ空港 出国前に「シャワー」が使えるラウンジ 【プライオリティパス可】

2. あくまで「仮眠室」という設備

仮眠室は狭いです。1人サイズ。
ベッドと机、以上!みたいな。

ま、寝るだけならこれで十分です。

コンセントは(確認したのが)2つ。
テーブルもあるのでいちおう仕事もできます。

Wi-Fiも無料で利用可(ラウンジ共通)
テレビも一応ありました(見てない)

ミネラルウォーター1本付き。
足らなければ、ラウンジの受付でもらえます。

巨大サイズの方なら狭すぎるかもだけど、
女性には十分でした。
カギは二重でかかります。

外の音も少し聞こえるけれど、そんなに気にならず、
壁の防音もそれなりできていると思いました。

3. シャワーとラウンジも利用可能

シャワーとトイレは別。ラウンジと共通。
遠い部屋から走っても1分以内。
何度も利用しているけれど、ここは清潔です。
シャワーとコンディショナー、ボディソープがあり、
バスタオルも付いていました。

ただ今回、シャワー室のドライヤーが壊れていて、
スタッフに言ったら、別のシャワー室のドライヤー、
使わせてくれました。

4. メリット・デメリット

【メリット】は、ターミナル内にあって最も安く、
清潔感もあること。スタッフもフレンドリー。
寝るだけなら十分。

ただ、次も利用するか、個人的にかなり微妙な、
【デメリット】があって。

あくまで仮眠室なので、部屋が狭い、窓がないのは、
ともかくとして「部屋が寒い」のが大変でした。
空調が部屋ごとに調整できないので、寒さに耐えるしかなく、
ブランケットは受付で借りられても、空調効きすぎ!
喉と身体、ホント壊しそうでした。

ラウンジやシャワーだけ利用する時は、空調の寒さ、
そんなに気にならなかったのだけれど。

【まとめ】1泊もしくは短時間滞在で

深夜や早朝の便だと、とても便利かと思います。
特に、ターミナル3だと。

自分は、翌朝8時の便で、朝5時過ぎに起床し、朝ごはん抜きで、
ターミナル4へ向かいましたが、朝ごはんも無料で付いていて、
写真を見ると、イングリッシュブレックファースト。
以前、日中の食事をここで食べたことがあるけれど、普通です。

値段的には、もし予約ができればとてもありがたい施設ではある。

ただ、寒すぎた・・・常夏のシンガポールで「防寒」対策を、
していかなければいけない場所です。なんか変な話だけれど。

>> Hotels.com で価格をチェックする
>> agoda(アゴダ)で価格をチェックする
>> 海外ホテル検索、Booking.com



You may also like...