飛行機の「乗り継ぎ」で不安がなくなる8つのポイント

直行便よりも「乗り継ぎ」が大好きです。

頭がおかしいんじゃないの、と突っこまれそうですが。乗り継ぎ便だと直行便より安く、乗り継ぎする空港での楽しみが増え、マイルも乗り継いだ分で貯まる・・・と考えると、いろいろおいしい。乗り継ぎが2、3回なら平気、むしろ歓迎です(それ以上だとさすがにツラい)

直行便のほうが短時間で現地に到着するし、ラクはラクです。日本人は休みがあまり取れないので直行便が人気、海外での乗り継ぎは言葉が通じないから不安要素しかない・・・という気持ちも、わかります。ただ、乗り継ぎ時の「不安」を少しでも解消できるかも?のポイントを、以下にいくつか挙げてみました。

【1】乗り継ぎでの荷物は大丈夫? チェックポイント

乗り継ぎの不安要素その1、出発の空港で預けた「手荷物」がちゃんと乗り継ぎできているかどうか。

出発の空港で、チェックイン(搭乗手続き)する際、スーツケースなどにタグが付けられます。そのタグの「空港コード」を必ずチェックしましょう。例えば、「HND」(羽田)「KIX」(関空)「HKG」(香港)「CDG」(パリ)などです。これが間違っているとロストバッゲージ、「ロスバゲ」の原因となります。

【2】時間ギリギリの乗り継ぎは「主張」する

乗り継ぎの時間がギリギリになると、どうしても焦ります。前便の運航はどうしようもないものの、着く前に、着いた後にやっておいたほうがよいことがいくつか。

・機内で客室乗務員(CA)に時間ギリギリであることを伝えてみる
(先に降機、到着空港での最短ルートを教えてくれることも)
・到着して機内から出たところにいる空港スタッフに主張する
(スタッフが乗り継ぎ便の搭乗ゲートまで案内してくれることも)
・乗り継ぎ案内ボードをまず探す、搭乗ゲートをチェックして走る

ただ、乗り継ぎがギリギリだと、自分が走って走って間に合っても、預けた手荷物が間に合わなかったというケースはあり得ますし、手荷物だけ先に飛んで行ってしまった経験もあります(遅れて無事にピックアップ)

【3】乗り継ぎ時間が際どい便を買って大丈夫?

航空券を購入する際、乗り継ぎ時間が1時間弱という便が表示されることがあり、「本当に大丈夫?」とこちらが思うことがあります。

結論から言うと、大丈夫です。航空会社がその乗り継ぎ時間で販売しているので。逆に、便が遅れると、空港スタッフが付いてくれる場合も。

【4】乗り継ぎの空港で「ご当地グルメ」を味わう

ここからは、乗り継ぎ(トランジット)での楽しみ方を。

まず、その国の「ご当地グルメ」を味わう。出国エリアにいても、大きめの空港ならその国ならではの料理が食べられるレストランが必ずあります。ソウルだと韓国料理、香港だと広東料理、バンコクだとタイ料理など。「マクドナルド」「スターバックス」など大手チェーンのご当地メニューを楽しむのもおすすめです。

【5】乗り継ぎの空港で「ラウンジ」をフル活用

もし「ラウンジ」の利用資格があれば、ラウンジでのんびりできます。軽食やドリンクが用意されていて、電源やWi-Fiなどもあります。シャワーを浴びてスッキリするのもおすすめですし、仮眠ルームがあるところも。ラウンジがいくつもある大きな空港だと、いくつか巡ってみても楽しいかと。

特にラウンジは、治安があまり良くない国のほうが、入室が制限されているエリアなだけあって、利用価値が高い。有料で入れるラウンジも多々あります。

【6】乗り継ぎの空港で「無料観光ツアー」に参加

乗り継ぎ時間が長いと、空港の市内観光ツアーに参加できることがあります。例えば、トルコのイスタンブール、シンガポール、ソウルなどで行われています。参加条件を満たしていれば「無料」です。

自分で交通費を支払って回るより効率的で、素敵なランチまでついていることも。

【7】乗り継ぎ時に「一時出入国」する

無料の市内観光ツアーなどがなければ、一時出入国するのも手。香港やシンガポールなど空港から市内へのアクセスが良ければ、いったん出てまた戻ってくることも可能です。市内に行くほうが、空港内よりもレストランやショップなどの選択肢もグッと増えます。

くれぐれも乗り遅れないように。出国審査で時間がかかる国もあります。

【8】乗り継ぎの空港で「飛行機ウォッチング」

飛行機が好きなら、乗り継ぎの空港での「飛行機ウォッチング」も楽しいものです。海外だと、日本と異なるエアライン、機材がたくさん。展望デッキがある空港なら、いったん入国してまだ出国するのも手です(香港、フランクフルトなど)

ただ、国によっては、空港内での撮影が禁止なところも。韓国、中国本土、フィリピン、アラブ諸国などは基本NGなので「飛行機を眺めて楽しむ」に徹してください。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...