【エジプト】 エジプト航空 最新搭乗レポ – 座席と機内食を徹底解説

エジプト航空の直行便。東京(成田)-カイロ。
週2便(※1)の運航です。

使用機材は、ボーイング777-300ER型機(※2)です。

※1 2019年12月25日(水)から、週3便に増便
※2 2020年夏ダイヤからボーイング787-9型機を順次導入予定

エジプト航空(英語)

ただ、公式サイトに日本語はなく、利用するのに、
ややハードルが高いのも事実。

それでも直行便はやはり心身ともラク!

2016年12月、エジプト航空のチャーター便で、
日本からエジプトまで往復した経験が元です。
エコノミークラス。「777-300ER」でした。
定期便と異なることがあるかもしれませんが、
あしからず。

【新規発売!】

 

エジプト航空の「機内食」

まずは、エジプト航空の「機内食」から

日本発は、成田空港のケータリング会社が作っているので、
日本人の口にも合いました。肉か魚かも選べました。

ただ、全員日本人客なチャーター便だったからか、
全体的に味がすごーく薄かったです(不味いわけではない)

今度は定期便なので、エジプト料理もあるんじゃないかと、
密かに期待しています。

機内食は2回、途中で軽食も1回来ました。

日本発の軽食が、上の写真。

サンドイッチはモロ日本の味、そして「大福餅」です。
機内では人生で初めてかも。

まぁ、これも(チャーター便の大半を占めていた、
年齢層が高めな)日本人客向けサービスなのか(笑)

カイロ発の軽食も、パンに挟んだごく普通のサンドイッチ。
大福餅はなかったです。

ちなみに、ロングホールのフライトでよくある、
「ギャレーにお菓子」などは置いてなく、
ドリンクは面倒だけど、頼めばおかわりし放題。

カイロ発2回目の機内食、朝食です。
メインは、オムレツ。
そして、どうしてかパンが3つもある謎(苦笑)

これも味がすべて薄かったので、
(普段はあまり使わない)塩とコショウが大活躍。

エコノミークラスでも「アメニティキット」配布

エコノミークラスでも「アメニティ」が、
行きと帰りの両方でもらえました。

中身は、歯磨きセット、靴下、アイマスク、
個人モニター用のイヤホン。

日系航空会社はエコノミークラスだとアメニティはないので、
ないよりはあるほうが絶対に良いです。

袋やアイマスクのエジプト航空ロゴが、
飛行機マニア的にツボ!

機内モニターが全シートにある

エジプト航空の使用機材はおなじみ「ボーイング777-300ER」。

同社が所有する機材では最大かつ最新の飛行機です。
(ちなみに、JALやANAも同じ)

エコノミークラスのシート配列は基本「3-3-3」で、
ANAの同じ飛行機のエコノミークラスが「3-4-3」と、
比べると、ちょっとゆったりめ。
この1席の差、長距離路線ほどけっこう大きい。

そして、枕とブランケット(袋入り)が1席に1セットずつ。

シートごとに「モニター」があり、映画やドラマなどの番組が、
オンデマンドで観られます。
が、エジプト人向けのラインナップで、日本人的に観たい番組、
ほぼゼロ。
しかも、行きはそのモニターが壊れてて作動せず・・・
(行きの機材は古く、帰りは違って新しかった)

結局、機内に持ち込んだ3冊の本を早々に読破し、
あとはパソコンで仕事をしていました。
そう、USBだけじゃなくコンセントが挿せる「電源」が、
シート下にあった、これは驚き!

ビジネスクラスのシートはかなり旧タイプ

ビジネスクラスは搭乗していないので、
機内食などは分かりませんが、シートだけ。

「2-3-2」で、かなり旧型。
日系などのプレミアムエコノミー並み。

枕やブランケットこそエコノミークラスと違うようですが、
あまり代わり映えしない感じがしました。

そして、実際に乗った方の感想、「ビジネスクラスの、
あの値段にしてはちょっと・・・」とのこと。

【まとめ】

自分が搭乗したチャーター便、成田からルクソールまで、
14時間ほどかかりました。
はっきり言って、長い!

フライトが10時間を超えると、1時間ごとに疲労度が増していき、
いくら寝てもまだ着かない、着かない・・・といった感じで。

これがもし乗り継ぎだったら、さらにしんどかっただろうなぁ・・・
とも思います。エジプトは遠かった、本当に。

直行便がおすすめです。

★飛行機の検索は 航空券徹底比較『スカイスキャナー』  が便利!



【おすすめエジプト関連書籍】

  

 



You may also like...