【搭乗レポ】JAL 国際線ビジネスクラス 機内食とシート(関空-ロサンゼルス)

※ 2018年7月、記事をリニューアル

地元の関空から、アメリカ・ロサンゼルスへの出張。
8年ぶりに路線が復活したJALで行ってきました。

機材、以前は懐かしのジャンボ(747)だったのが、
今は最新鋭の「ボーイング787-8」です。
(関空展望ホールより別の日に撮影)

ビジネスとエコノミーの2クラス制。
往復とも「ビジネスクラス」に搭乗しました。

まずは機内食。

JAL 国際線 – お食事・お飲み物 (ビジネスクラス)

最初の食事、和食、洋食(肉・魚)の3種類から選択。
和食は、9つの小鉢膳。小鉢の具材は毎月内容が変わります。
先のロンドン → 羽田のビジネスクラスでは和食をいただき、
今回は洋食(肉)をチョイス。

ウェルカムドリンクとアミューズから。
これは和食、洋食とも共通。
通常はカッコよく「シャンパン!」と選びたいところ
お酒が飲めないため、いきなり烏龍茶(汗)
スティックの野菜をソースにつけていただきました。
機内で、上品な味わい。

DSC_6901

次に、前菜。これは洋食のみ。
右のお皿にあるのは「フォアグラ」と穴子、野菜。
フォアグラを食べるなんてさて何年ぶりだろう・・・
さすが、ビジネスクラス!
左のパンも美味しかったので、もう1個いただきました。

この時点ですでに「満腹」感があり・・・つつも、
次がいよいよ、メイン料理。

DSC_6912

牛のロースステーキ。ソースではなく、コンソメスープ風。
あっさりめの味、ボリュームはあり、焼き加減も絶妙。
濃い味付けのステーキをイメージしていたものの、

これはこれでアリ。あっという間に完食!

DSC_6916

デザートも当然、エコノミーとは異なります。

フルーツジュレの食感、夏だったのもあり、
食べやすさ抜群。
ステーキを食べ終えた時点でお腹ギュウギュウ、
しかし、スイーツはやはり別腹!

なお、2回目以降、好きなタイミングで注文。
軽い食事から麺類、フルーツ、しっかりした定食まで、
10種類以上はありました。豪華。

しかも今回のフライト、なぜか寝付けなかったので、
ひたすら「食」に走ることにしました(笑)

DSC_6920

トマトの冷製カッペリーニ、フレッシュフルーツ、スプライト。

カッペリーニは、隣のビジネスマン風男性が食べていて、
美味しそうで、思わずオーダー。

本当に美味しかった。
おかわりしたかったけれど、ほかに食べるためグッと我慢。

DSC_6931

CAさんおすすめで和食の定食までいただきました。
JAL機内で提供する南魚沼産コシヒカリの「ごはん」、
すごく美味しいんです。
だから、食もどんどん進みます。これも完食!

おっと、機内食の話で終わるところだった(笑)

ビジネスクラスのシートです。シェルタイプ。
残念ながらフルフラットのシートではないものの、
これはこれで快適。

シートを後ろにリクライニングしていくと、
身体を包み込んでくれます。熟睡♪

アメニティのポーチは当時は「TUMI」でしたが、
今は異なります。
中身は、マスク、歯ブラシ、アイマスク、そして、
メンソレータムのリップ(← JAL名物?)

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...