空港スタバ | シンガポール・チャンギ空港 店舗や限定グッズ 【2020年版】 – 世界ソラ旅

空港スタバ | シンガポール・チャンギ空港 店舗や限定グッズ 【2020年版】

シンガポールのチャンギ空港、ターミナルが4つあり、
さらに「チャンギジュエル」も併設。

スターバックスもそれぞれのターミナルにあります。
店舗の場所、限定グッズなどを一斉紹介!

>> お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

【目次】

1. 「ターミナル1」のスターバックス
2. 「ターミナル2」のスターバックス
3. 「ターミナル3」のスターバックス
4. 「ターミナル4」のスターバックス
5. 「チャンギジュエル」のスターバックス
★シンガポールのスターバックス限定グッズ+α 情報

1. 「ターミナル1」のスターバックス

まず、【ターミナル1】のスターバックスは3店舗。
すべて「制限エリア」「24時間営業」です。

■ 中央
■ Cゲート付近
■ Dゲート付近

ドリンクやグッズのラインナップは普通、店舗も普通。
シンガポールでの乗り継ぎ時にも利用できます。

2. 「ターミナル2」のスターバックス

【ターミナル2】には一般エリア、制限エリアと、
それぞれに店舗があり、いずれも「24時間営業」です。
特に普通の、スタバです・・・

■ 2階(一般エリア)
■ Eゲート付近(制限エリア)

3. 「ターミナル3」のスターバックス

【ターミナル3】のスターバックスは1ヶ所のみ。
一般エリア(2階)で「24時間営業」です。

チェックインカウンターの端のほうにあり、外観などけっこう、
スペシャル感あり、テーブルや椅子も多め。
ただし「充電スポットがない」のでご注意を。

シンガポールの地下鉄や路線バスなどで使える、
ICカード「EZ Link カード」のスターバックス版。
この店舗で手に入ります。私は買いました(笑)
買っただけでなく、毎回使ってますよ!

なお、この店舗、以前は「リザーブ」があったのが、
既になくなっていました(2019年12月現在)
「リザーブ」が飲みたい場合は「ジュエル」へ!

4. 「ターミナル4」のスターバックス

【ターミナル4】のスターバックスも1ヶ所だけです。
一般エリア(2階)で「24時間営業」です。
チェックインカウンターが並ぶそばにあり。

新しいターミナル、新しい店舗だけあって、
座って過ごせるスペースもちゃんとあるので、
のんびりできます。

ただ、ターミナル4は、他のターミナルやジュエルと、
徒歩では行けないため、ちょっと不便。
(ターミナル2から連絡バスで5分ぐらい)


5. 「チャンギジュエル」のスターバックス

2019年4月に開業した空港併設のショッピングモール、
【チャンギジュエル】のスターバックスは2店舗。

■ 1階店(24時間営業)
■ 2階店(月~木10時~22時、金10時~23時、土9時~23時、日9時~22時)

1階店は、アーリーチェックインのカウンター前。
テーブルと椅子も少ないけれど、あります。
ここは「24時間営業」です。

そして、2階店がすごく豪華!
モールの中にあって外観から立派です。

「リザーブ」もあります。カウンター付き。
上の階にも、飲食スペースがあるので、
ここはチャンギ空港最大のスターバックス。

階段のアートもステキ。
ずっといても居心地よい店舗です。

★シンガポールのスターバックス限定グッズ+α 情報

シンガポールのスターバックス限定グッズがあります。
空港の店舗でもいくつか購入できます。

マーライオンのベアリスタが有名。
最近は黒エプロンのベアリスタも人気だとか。

シンガポールのマグカップやタンブラーもあります。
リザーブ店はさらに限定商品も。

また、旧正月や国慶節などの時期にも、
限定商品が登場します。
国慶節の「月餅」などはおすすめ、
直前になると思いっきり割引します(笑)

ドリンクは、日本未発売「抹茶エスプレッソフュージョン」をはじめ、
いくつかあるのよりも、軽食がとにかく充実。
スイーツもサラダもフルーツもある。

ま、日本よりフードが少ない国はたぶんないです(苦笑)

なお、気になるシンガポールのスターバックス、
価格はというと、日本とほぼ同等または、
ちょっと高いぐらい。
日本も十分高いので、そんな気にならない程度です。



You may also like...