関空 第1ターミナル 国際線 「優先レーン」(ファストレーン)の利用基準は?

関西空港に2015年7月、保安検査場の「優先レーン(ファストレーン)」が、
設置されました。
(入国審査時のファストレーンもあり ※外国人専用)

DSC_8645

第1ターミナルにある南北の保安検査場が、時間帯により、
大行列であるのに比べ、このファストレーン、
いつ見ても空いています。

・・・というより、利用者をほとんど見かけないことも。

誰が利用しているのかと思っていたら、目の前をJAL利用の方、
サッと通っていきました。

このファストレーン、利用基準が実はかなり厳しいのです。

例えば・・・

■ JAL/ANAはダイヤモンド会員とビジネスクラス利用などに限られる
(つまり、JGCやSFCはNG!)
■ キャセイパシフィックはどのステータスもNG
■ シンガポール航空はビジネスクラス利用もNG

JAL公式ホームページに詳しい利用条件が載っていました。
関西国際空港 優先保安検査場(ファストレーン)のご案内

ビジネス出張向けの「KIX-ITM Global Business Card」会員も利用できます。
http://www.kansai-airport.or.jp/kix-gbc/

基本的に、大手航空会社の「ビジネスクラス以上」だと、
ファストレーンの利用券がもらえます。
ただ、航空会社によって異なる、というわけです。

DSC_8644

キャセイに乗る時に利用しようとしたら、NGでした。

JALでロサンゼルスに行く時はビジネスクラス、でも工事中で残念。
ファストレーン、利用するには非常にハードルが高いです。

やっと利用した記事はこちら(↓)
この時は、中国国際航空のビジネスクラス利用。

関空「ファストレーン」は本当に早い? 出国時に使ってみた 【2018年】

ちなみに、海外の国際空港では、このような優先レーンは一般的。
ロサンゼルスやヒースローにもあり、利用しました。

関空もやっと(!)本格的な国際空港に近づいてきた・・・と、
喜んだところ。
ただ、せめてもう1ランクくらい、利用基準を下げて欲しいのが、
本音です。利用したい・・・

そもそも関空、ビジネス客、少ないです。羽田・成田と比べると。

一時期よりも大手航空会社が減ってLCC(格安航空会社)が増え、
伊丹発着の羽田・成田シフトも進み、
近ごろ関空で多いのは、中国からの観光客とLCC客。

ファストレーンの利用資格がある上客との差別化は良いと思います。
今後、利用できる航空会社も増えてくる・・・と期待したいところ。

保安検査場は、現在3ヶ所。

一時期、関空のキャパシティを超える旅客数となり、
保安検査場もパンク状態となって、朝と夕方は、
長蛇の列ができたものの、近年は若干マシに。

関空の保安検査場には「とにかく早く」が鉄則です。

朝夕のピーク時以外はけっこう空いていますが、くれぐれも要注意。

>> お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』



You may also like...