羽田空港 国際線 知っておこう!保安検査「優先レーン」利用基準

保安検査の「優先レーン」が日本でも増えています

空港での保安検査場の優先レーン。

長蛇の列ができている時、もし自分が優先レーンの対象だと、
ものすごく重宝します。日本でも海外でも。

羽田空港の国際線にも、優先保安検査場(プライオリティレーン)
があります。

主な利用対象

ANA:ファーストクラス、ダイヤモンド、プラチナ、SFC
JAL:ファーストクラス、ダイヤモンド、サファイア、JGC

他の航空会社もほぼ同等のステータスを持っていれば利用できます。
詳しくは現地で上のボードを見て確認してください。

羽田空港国際線「優先レーン」の注意点

■ ビジネスクラスやプレミアムエコノミーの搭乗では利用できない
■ 搭乗する便の航空会社の上級会員でないと利用できない。コードシェアなど不可

例えば、JGCは保有している。
今回はキャセイパシフィックのビジネスクラスで・・・
という場合は、利用できません。
ファーストクラスを除き、あくまで、JAL便の搭乗時のみ。

ビジネスクラスの搭乗で利用できず、エコノミーでも、
SFCやJGCがあると利用できるというのが不思議。
ビジネスクラスは優先レーンを利用できても良い気がするけれど。

成田や関空とはルールが異なります。
くれぐれもご注意ください。

ちなみに、出国審査場には優先レーンはありません。
日本人も外国人も同じ列なので、ここのほうが並びます。

それを避けたいならぜひ「自動化ゲート」を登録しましょう。

どの空港でも出国も入国も自動化ゲートはたいてい空いています。
(最近は「顔認証ゲート」の利用もおすすめ)

保安検査のゲート別の混雑状況がわかるボードをチェック!

羽田空港国際線ターミナルには、保安検査場の混雑状況が、
ひと目で分かるボードも設置されています。

現在、羽田空港の国際線、就航数がどんどん増えています。
それにかかる設備もなんとか必死に整備している途中。
海外での優先保安検査場は、欧米諸国などはほぼ定番、
日本もやっと・・・という段階。

あとは、出国審査場や入国審査場の優先レーンができること、
全国の空港で「統一ルール」になることが今後の課題かと。

 

 



 

You may also like...