アメリカ 国内線 マニュアル ~ 荷物・乗り継ぎ・チェックイン 【2019年版】

アメリカの国内線は、日本の国内線と、
異なる部分が大いにあります。

日本の感覚で利用すると痛い目に遭う、
といっても過言ではないです。

1年に何度かアメリカの国内線を利用、
そんな痛い目に遭ってきた経験から、
主に「注意したい点」をまとめました。

【1】アメリカ国内線、カウンターで預ける「荷物」1個から有料

まず、日本の国内線と大きく異なる点が「受託手荷物」です。
チェックイン時にカウンターで預ける手荷物のこと。

デルタ航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空など、
大手航空会社をはじめ、LCC(格安航空会社)ももちろん、
「1個から有料」です。

筆者、カウンターでサラッと「1個25ドルね」と言われ、
思わず悲鳴を上げ、泣く泣く支払ったことがあります。

1個から有料ルールのおかげで、機内に持ち込もうとする、
乗客がかなり多く、座席上の物入れは争奪戦です。
できることなら、早めに搭乗しましょう。

なお、サウスウエスト航空のみ、1個から無料。
(2019年8月現在)

手荷物1個から有料ルールは、例外もある

■ 受託手荷物込みの運賃(ちょっと高いがこれがおすすめ)
■ ビジネスクラスに搭乗する(かなり高い)
■ 航空会社の上級会員(SFCもJGCも1個無料に!)
■ 日本発着でアメリカ国内線も通しで買っておく
(日本からの2個無料ルールが適用される)

【2】アメリカ国内「乗り継ぎ」、何時間あれば大丈夫?

次は、アメリカ国内での「乗り継ぎ」について。

何時間あれば大丈夫かというと、その答えは、
「時間があればあるほどよい」です。

アメリカの国内線は、もうしょっちゅう遅れるほか、
時には「欠航」も起こります。

日本のような大型機で大量輸送ではなく、アメリカは、
737やA320の小型機で、どんどん便を飛ばすので、
乗り遅れても欠航しても、次の便はすぐある感じ。

ただ、日本のように、ぎりぎりまで待ってくれないし、
空港スタッフのサポートもかなり微妙。
アメリカは空港も広く、移動距離が半端ないことも。

どの乗り継ぎでも、主要空港であれば、最低でも、
「3~4時間」程度はあったほうが、無難です。

【3】アメリカ国内線、「チェックイン」時間は?

アメリカ国内線のチェックイン時間は、航空会社によって、
異なります。

ただ、搭乗手続きや保安検査場が異常に混んでいる、
ということも大いにあり得るので、安心なのは、
たとえ国内線であっても「出発2時間前」です。
出発2時間半前だってよいぐらい。

【4】アメリカ国内線の予約、24時間以内キャンセル無料

アメリカ国内線の予約は、日本発着以外で買う場合、
各航空会社の公式サイトで買うのが一般的です。

1つ、覚えておきたいのが、どの運賃でも、たとえ、
キャンセル不可・変更一切不可の運賃を買っても、
「24時間以内の変更・キャンセルは無料」であること。

これは、アメリカのホテルなども同様で、政府による、
法律で決められています。

もし「あっ!間違えた!」となっても、慌てず、
航空会社のコールセンターへ連絡してください。

【5】アメリカ国内線、「液体」物の持ち込みは?

アメリカの空港は、出国審査というものが存在せず、
保安検査場は、国際線・国内線ともまったく同じ。

つまり、国内線でも、液体物の持ち込みは、
国際線同様のルールと考えましょう。
液体物は100ml以内、必ずビニールのジッパー袋へ入れ、
カバンから出してトレーの上に乗せること。

TSA(米国運輸保安局)は厳しく検査します。
違反をすると、容赦なく没収されるので、ご注意を。
ペットボトル、国内線でも一切持ち込めません。

★航空券の検索は「スカイスキャナー」が便利!





You may also like...