ニュージーランド・ウェリントン空港の情報 バス・ラウンジ・ホテル 【実体験レポ】

ニュージーランドの首都ウェリントン。
空港は、ウェリントン国際空港です。

国際空港で、国内線と国際線はあるものの、
ターミナルはそれほど大きくなく。
日本人に人気が高いニュージーランドの首都の割に、
リアルタイムな情報がここも少なかった・・・

ウェリントンには、2017年春に初訪問。
市内へのアクセス、ラウンジ、ホテルなどをご紹介!

【目次】

1. 日本からウェリントン空港への主な行き方
2. ウェリントン空港⇔市内中心部へのアクセス
3. ウェリントン空港の「ラウンジ」
4. ウェリントン空港近くの「ホテル」などの宿泊施設
5. 【追記】 ウェリントン空港の楽しみ方

1. 日本からウェリントン空港への主な行き方

まず、日本からウェリントンまでの【直行便】はなし。
どこかの空港を経由する必要あり、です。

おすすめは、オークランド経由。自分もこれでした。

ニュージーランド航空で成田または関空からオークランドへ直行便で、
そして乗り継いで、ウェリントンへ。
オークランド=ウェリントンは、1時間のフライトで便もかなり多め。

また、シンガポール航空のシンガポール経由ウェリントン行き、
JAL/カンタス航空やANA/ヴァージンオーストラリア航空の、
シドニー経由を利用すると、乗り継ぎ1回で済みます。

>> お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

2. ウェリントン空港⇔市内中心部へのアクセス

次に、ウェリントン空港から市内中心部への交通アクセス。

最もメジャーなのは、ほぼノンストップの【急行バス】で、
「エアポートフライヤー」と呼ばれるバス。
ターミナルの前から乗車します。運賃は9NZドル。
無料Wi-Fiが利用でき、座席も快適。

SNAPPER」というカード、ぜひ手に入れてください。

お金をチャージすると、バスでの支払いをはじめ、駐車場の支払い、
ケーブルカーの乗車などに利用できて、ウェリントンの街歩きに、
とても便利。空港内のショップで購入できます。

チャージはコンビニなどのほか、オンライン上でも可。

なお、急行ではない【路線バス】も、あります。
ターミナルから10分ほど歩いたところに停留所があり、
2番のバスに乗ると、運賃が1回5NZドル。所要約40分。
(SNAPPERでさらに割引あり)

★バスの検索などは → 「Metlink」(英語)

その他に【タクシー】、乗り合いバスの【シャトル】や、
UBER」「ZOOMY」「OLA」も空港発着で利用できます。

3. ウェリントン空港の「ラウンジ」

ウェリントン空港にあるラウンジは、以下の通り。

(国内線)
■ AIR NEW ZEALAND DOMESTIC LOUNGE
■ AIR NEW ZEALAND REGIONAL LOUNGE

(国際線)
■ AIR NEW ZEALAND INTERNATIONAL LOUNGE
■ QANTAS LOUNGE
■ VIRGIN AUSTRALIA LOUNGE

ニュージーランド航空の国内線ラウンジのみ利用したことがあります。
そして、【プライオリティパス】で利用できるラウンジ、ゼロ!
お気を付けください。

4. ウェリントン空港近くの「ホテル」などの宿泊施設

ウェリントン空港の近くの宿泊施設というと、モーテルか、
民泊か・・・ぐらいしか以前はなかったのが、
近年、空港隣接でオープンしました。

■ リッジス ウェリントン エアポート (ウェリントン)
リッジズといえば、シドニー空港隣接のホテルと同じチェーン。
高級4つ星ホテルですが、市内中心部から離れているので、
宿泊費はリーズナブル(ニュージーランドは物価が高い!)
Wi-Fi無料。高層階であれば、飛行機が見えそうなので、
次に行く機会あれば泊まる予定。

>> Hotels.com で価格をチェックする
>> agoda(アゴダ)で価格をチェックする
>> 海外ホテル検索、Booking.com

5. 【追記】 ウェリントン空港の楽しみ方

なぜ、ウェリントンへ行ったの?と聞かれれば、答えは1つで。
「空港が『中つ国』だから」でした。

中つ国(Middle Earth)とは、映画『ロードオブザリング』『ホビット』が、
ニュージーランドを舞台に、監督もニュージーランド人で製作され、
ピーター・ジャクソン監督の故郷がここウェリントンであり、
製作現場もウェリントンだったため、ターミナルの随所に、上のような、
ホビットの装飾! 大鷲とガンダルフ!

オークランド空港にも、ドワーフの像があるものの、ウェリントン空港のほうが、
本格的でした。「スマウグ」もいたし。

ウェリントンの街も、素晴らしかった。
街並みはきれい、おしゃれなカフェが多く、ビクトリア山からの眺めも最高、
のんびりできるし、グルメも楽しめるしで、毎日充実の日々でした。

なお最近、飛行機撮影でもちょっと有名になってきたようです。
A320クラスの小型機しか来ないけれど(笑)
景観はとても良いし、空気もきれいなので、立ち寄ったついでに撮影もぜひ。

>> グローバルWiFi
>> 海外行くなら!イモトのWiFi

   



You may also like...