エアチャイナ(中国国際航空)乗ってみての率直な感想

最近よく聞かれます。「エアチャイナって、どう?」

今年2月、中国国際航空(エアチャイナ)を利用しました。昨年3月のエコノミークラスと国内線に続き、2度目はビジネスクラスで北京乗り継ぎシンガポールへ。再び乗った、ということで自分的にはセーフなのですが、では、誰にでも一押しでおすすめするかというと、あとの責任を持てないのでおすすめはしていません。他の中国系航空会社も同様。

では誰におすすめしているかというと、飛行機にけっこうな数を自力で乗ってきている、「大陸慣れ」もしくはサバイバル慣れしている、いろいろ”経験”したほうが良い若者・・・などですね。

□ 航空券はとにかく「安い」

まず、エアチャイナのメリットはなんといっても「航空券の安さ」。セール価格が欧米行きで2万円台とか、あまりに安すぎて逆に不安になってしまいそうな運賃設定の仕組みは、いまだよくわかりません。とにかく、安い。

□ サービスは値段相応+α

航空券が激安なので、空港のカウンターや機内でのサービスなどは(日本で買うと高額な)日系航空会社とは比べるまでもないものの、ものすごく悪いと思ったこともなく、まさに「値段相応」。これだけ安ければ納得できます。

□ 飛行機は古くない、機内食もOK

乗る飛行機がオンボロかというと、これもあまり該当せず。某日系航空会社の中国便よりシートが新しいことも多々あり。一度トイレのドアが壊れていた機材に当たったことはあるものの、激安なので許容範囲。機内食も中国料理の国なので、普通またはそれ以上です。日本=中国間ぐらいなら、口に合わなければ食べなくても我慢できるフライト時間ですし。

さて、ここから、旅行初心者におすすめしづらい本題です。

■ 日本の搭乗ゲートから「中国」

日本の空港から出発する場合、搭乗ゲートからすでに「中国」。列を守らない、騒がしい、どこか殺伐としている・・・空港スタッフがまだ大半が日本人なので丁寧ではあるものの、乗客ほぼ中国人なので、いきなりその「勢い」に飲まれかねません。

機内に入ってさらに「戦い」が続きます。座席上の物入れスペースで戦う、自分の席に堂々と勝手に座っている客と戦う、座席を大きくリクライニングしてくる客と戦う。そして、機内での騒々しさは半端なく、シートベルト着用サインが消えると一斉にシートベルトを外し、狭い機内を歩き回ります。

■ 北京首都国際空港での乗り継ぎが鬼門

エアチャイナで欧米などに行く場合、北京や上海などでの乗り継ぎになります。中国での乗り継ぎはハード。何度利用しても、スムーズにいった試しがありません。乗り継ぎ窓口が少なくて長蛇の列、中国人は列の順番を守らない、保安検査場はカオス、手荷物は「乱雑」に扱われる・・・先の記事にも書いた、ビジネスクラスだったのに預けたスーツケース内の液体物が”破裂”した惨状を目の当たりにしたこともありました。

あと、乗り継ぎできず翌日の便へ振り替え、エアチャイナが用意した空港ホテルで見知らぬ人と相部屋になった話を聞いたことがあります。何時間遅れという遅延も日常茶飯事。日本では考えられないことが起こります。

■ 中国はLINE、GoogleなどSNSが軒並み繋がらない

中国の空港ではWi-Fiがあり、たいてい無料。ただ、その利用方法が難しいだけでなく、中国ではGmailを含むGoogleをはじめ、LINE、Twitter、Facebook、Twitter、Dropboxまで、中国政府による「金盾」政策によって基本的に繋がりません。

ただ例外もあって、ドコモなどの海外ローミングサービス、日本でレンタルしたWi-Fi、香港で買った中国大陸対応SIMなどだと普通に繋がります。中国でのネット回線の確保は日本にいる時からリサーチが必須。

■ 機内持ち込み手荷物がエコノミークラス「5kg以下」

エアチャイナに限らず、中国の航空会社はどうも「5kg」がスタンダードのようです。日本だと10kg、韓国は12kg、ほかはたいてい7kgまでなので、5kgはかなり厳しい。ビジネスクラスですら8kg。カウンターやゲート前できっちり計測されたことはないけれど、もし計測されてオーバーしていると中国なだけに容赦なく没収されそうでいつも戦々恐々です。

結論として、日本と同じ感覚で利用すると、ほぼ必ず痛い目に遭います。それを「経験」と前向きに考えられるか、なにが起きても「中国だし、こんなもん」と気持ちに余裕を持てるかが肝心。ただ、慣れてしまえばこっちのもんで、レガシー(大手航空会社)なのに安くてありがたい航空会社になります(←イマココ)

 

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...