【エアタヒチヌイ】 唯一の自社ラウンジ(ファアア国際空港)【プライオリティパス可】

日本とタヒチを直行便で結ぶ「エアタヒチヌイ」唯一のラウンジが、タヒチのファアア国際空港にあります。

エアタヒチヌイのビジネスクラス搭乗、もしくは【プライオリティパス】でも利用できます。コードシェアするJALのステータスなどでの利用は”不可”なのでご注意を。

ラウンジの場所は、国際線で出国後、搭乗待合エリア(1階)からエレベーターか階段で2階に上がった場所。タヒチの守り神「Tiki」が入口に鎮座しているのが、タヒチっぽい!

奥のドアを入るとラウンジです。ドアは閉まっているので、インターフォンを押すとドアが開錠され、内部に入ることができます。こんなシステム初めてかもな。

朝5時台の訪問。ラウンジは最近オープンしたのか、まだ新しくてきれい、清潔感がありました。この時はまだ空いていて、席も選び放題。電源が近くにある席、ソファ席、カウンター席など。ラウンジ専用Wi-Fi(無料)もあり。

6時を過ぎると、日本便に加えてロサンゼルス経由パリ便の利用客も増えてきて、けっこう混雑気味に。

ウッド調の床が、タヒチのリゾート感。

窓の外から駐機場、飛行機もよく見えます。窓は開きません。でも、景色は開放感あって明るいので、ラウンジの居心地はすこぶる良いです。

飛行機への搭乗が始まるのがラウンジの窓から見えるので、それから搭乗ゲートに走っても十分間に合いそう。

軽食は充実。寿司(あまり美味しくなかった、残念)、ハム、チーズ、フルーツ、パン、ヨーグルト、スイーツまで。コールドミールのみ。ホットミールは日清のカップヌードル(現地版)のみ。欲を言えば、スープぐらい欲しいところだけれども。

早朝にホテルをチェックアウトして空港でチェックイン、その後は機内食まで「飯なし」であることを思うと、このラウンジで食べられるのはありがたい。

ラウンジの「紅茶」チェック。フランス領なのに、メインが「トワイニング」(笑)

でもこれだけ茶葉の種類が揃っているのは、さすが。木箱入りだし。日本は紅茶、たった1種類だけだと考えると・・・

アルコールは一切飲まない派なので、もちろん飲んでいないのだけれど、タヒチのビール「ヒナノビール」が瓶で冷やして置いてありました。もちろん、無料。

タヒチを旅立つ前にも、ヒナノビールが飲めるのは、ビール好きにはありがたいかなーと。

【まとめ】

ファアア国際空港は、国際線の出国後エリア、本当に「なにもない」に等しいぐらい、はっきり言ってショボかったです。ショップが少し、カフェテリアも小さいのが1か所のみで妙に値段が高かった。

もし、ラウンジ利用せずに腹ごしらえなら、出国前の一般エリアのカフェテリアか、空港内のマクドナルドがおすすめ。

エアタヒチヌイのラウンジが利用でき、腹ごしらえができたのは、とてもうれしかったというか、もう「プライオリティパス万歳!」でした。忘れた頃に、思わぬところで活躍する、威力を発揮する「プライオリティパス」は、まだまだ手放せない。

もし、タヒチを訪れるなら、必ず「プライオリティパス」をお忘れなく!





++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...