【搭乗レポ】 韓国LCC「ジンエアー」 手荷物は? 予約から座席まで詳しく紹介!

韓国のLCC「ジンエアー」を利用しました。2017年12月。
もちろん初めて。

航空券はジンエアー公式サイトが一番安い、ただし・・・

航空券は、ジンエアーの公式サイトから、
諸税費込みで往復14,000円足らず

新幹線で新大阪から東京に行く片道分で、
ソウルを往復できてしまう安さ!

韓国から今、大阪へ大挙して韓国人が観光に訪れているおかげで、
便数がものすごく多く、その折り返し便に乗る日本人は少なく、
「安くて空いている、快適」という日本人にとっては、
最高の条件が揃いました。だから、安い!



ただ、ジンエアーの公式サイトから航空券を購入する時、
なかなか決済画面まで行き着かなかったのが、困りました。
日本語ページ。

もしかしたら、英語ページか韓国語ページから予約したら、
スムーズなのか、外資系エアラインあるあるだけれど、
ここで手間取ってしまうのはもったいない。

深夜に思わずジンエアーの知人に連絡しそうになりました。

ジンエアーの機材は「737-800」が多い

ジンエアーの大阪(関西)-ソウル(仁川)は、1日4往復(当時)

以前(大韓航空から借りた)大型機のボーイング777-200で、
運航していたのが、今は小型機の737-800(↑)のみ。

機材が小型化した代わり、1往復分が増便に。

777だとカウンターが長蛇の列になっていたので、
737のほうがカウンターが空いている、乗り降りも早い、
荷物が出てくるのも早いので、利用者としては歓迎。

ちなみに、ジンエアーは大韓航空の子会社。
ほかにも韓国系LCCは多々あるけれど、
母体がしっかりしている安心感はあります。

ジンエアーの手荷物は「機内10kg、預け15kg」が基本!

ジンエアーに限らず、韓国系LCCのすごいところは「手荷物の寛容さ」

いくら安い運賃でも「機内持ち込み12kg10kgと受託手荷物1個15kgが無料」
で付いてくること!
※現在は「機内持ち込み10kgまで」です

LCCといえば、機内持ち込みは7kgとか5kgとか、
受託手荷物は1個から有料なのがザラなので。

行きは全部の荷物がジャスサイズだったので、
機内にそのまま持ち込みました。
カウンターで聞いても「余裕です、持ち込んでください」と。

実際、かなり空いていたので、
座席上の物入れはどこでも入れ放題状態。

ちなみに、関空発のLCCで、ピーチは基本、1個から受託手荷物有料、
機内持ち込み「7kg」まで。
韓国系に比べると、航空券もピーチけっこう割高です。
(日系の安心感は確かにあるけれど)

ジンエアーの座席、シートピッチは広め

シートはごく普通。前後の座席の間隔(シートピッチ)も大手並み。
というか、大韓航空の時のシートを、そのまま使っているんじゃないか、
と思ったほど。窮屈感ゼロ。

ただし、大手のようなシートに電源、IFE(機内エンターテイメント)
などはありません、機内Wi-Fiもなし。

行きも帰りも、3席を1人で独占。
寝転がろうかと思ったけど、短距離路線なのでやめました(苦笑)

大阪-ソウル線は機内食なし、水のみ無料提供

機内食は、大阪(関空)-ソウル(仁川)だと、ありません。
水のみ、CAさんがトレーで配ってきます。

実際、フライトは2時間もかからないので、機内食がなくても何の問題もなし。
その分、航空券は安いし。

ソウル(仁川)でのカウンター、混み具合は?

さて、帰国便。仁川でのチェックインカウンター。

出発3時間前から受け付け開始とのことで、3時間ちょっと前に行ったら、
普通に手続きしてくれました。
ここは空いているけれど、隣のホノルル便のほうは大型の「777」で、
ゾッとするほどの鬼行列に。

LCCなので、何事も早いに越したことはないです。

行きは定刻、帰りは仁川での滑走路混雑で1時間ほど遅れたけれど、
18時ごろに関空着だったので特に問題なしです。
航空券がその値段なら、コスパかなり良かった印象。

まとめ。航空券は時期によって運賃が上げ下げ状態

あと、ジンエアーのCAさん、噂通りの「美女」揃いでした。
身長が高くてスリムな若い美女ばかり。
復路では男性CAもいて、これもまたイケメン!
日本語が話せるCAは行き、帰りとも搭乗していました。

なお、大阪-ソウルは時期によって、値段がものすごく変わります。
利用する都度、航空券の価格は比較するのが最適。

スカイスキャナー」(↓)でまず全エアラインから調べましょう。





You may also like...