【ピーチ】 LCC利用で気を付けたいポイント6つ ~ 荷物・座席・キャンセル ~

日本を代表するLCC(格安航空会社)といえば、
ピーチ」(Peach / ピーチ・アビエーション)

2012年3月のデビュー以来、国内線そして国際線と、
路線をどんどん増やし、いまや日本でLCCが定着。
2019年10月にはバニラエアと統合し、今後はさらに、
国際線を中心に路線を増やす勢いです。

就航当時からピーチを取材し、搭乗取材も数多こなす中、
「ピーチに乗るのはここを気を付けて!」という点を、
以下にまとめました。

>> お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

【1】ピーチの航空券は「公式サイト」購入の一択!

まず、ピーチの航空券は「公式サイト」での購入が基本。
「JTB」などの旅行代理店、「Expedia」をはじめとする、
航空券予約サイトでは、基本販売していないので注意。

もしも販売していたら、運賃+手数料を取られることも。
正規ルートで航空券をゲットするなら、公式サイト一択。

【2】お得な「セール」運賃をゲットする3つの方法

ピーチの運賃は、残席状況や搭乗までの日数などにより、
「変動」します。

最もお得なのは「セール」運賃。
通常の運賃よりもお得で、セールは不定期に実施されます。

セール運賃を上手にゲットするヒント、以下の通り。

■ ピーチのメルマガ登録、SNSフォローで情報いち早くゲット
■ 「新規就航」「●周年」などのタイミングは要チェック
■ 激安よりもちょっと安いぐらいの運賃が狙い目

最後の項目。「999円」などの激安はサーバーがすぐダウン、
ゲットできないこと多々である一方、「1,980円」「2,980円」
などは、数日余っていることも。
これでも通常よりかなり安いので、ある意味”盲点”です。

【3】ピーチに乗る時、空港到着は何時間前?

搭乗手続き(チェックイン)や搭乗〆切時間などが大手より早め。
搭乗時は「とにかく時間に余裕を持ち、とにかく早く行く」のが大事。
早すぎるに越したことはないです。

特に、ピーチの拠点である関西空港では、利用ターミナル(第2)が、
第1ターミナルや鉄道駅からも遠くて徒歩でアクセスほぼ不可のため、
たどり着くまでに時間がかかります。

最悪なのは、ターミナル間のバスがなかなか出発しないこと(関空)
最近、満員にならないと出発しないという場面に遭遇・・・
第1ターミナルなら走って間に合うところ、走ることもできないので、
〆切時間が過ぎると乗せてくれません。
関空のシャトルバスで乗れなかった人、これ実話。

なお、早めに着き過ぎると、けっこう時間を持て余します。
LCCターミナル、ショップやカフェ、充実していないので。
ただ、関空の場合、電源やたらたくさんあり、Wi-Fiも飛んでいるので、
時間はそれなりつぶせます。ご安心を。

あ、LCC、早すぎても、搭乗手続きできないのも、お忘れなく!
(基本的に出発の2時間前ぐらいから)

【4】ピーチの「荷物」【カウンター編】【機内持込編】

LCCで最大の心配事であろう「荷物」について。

■ チェックインカウンターで預ける手荷物 【カウンター編】

最も一般的な運賃(セール含む)だと、1個から「有料」です。
航空券の予約時に荷物の料金も同時に申し込むか、ちょっと高い運賃だと、
受託手荷物が含まれているので、それを選択するほうがお得。
空港で支払うとかなり割高で、正直悲惨。
オーバー分、絶対に見逃してはくれません。

「手荷物ちょっとオーバーしそう」な時は、サッサと支払いましょう。
先に支払っておくほうがラクです、身も心も。

■ 機内へ持ち込む手荷物 【機内持込編】

国内線・国際線とも、基本「2個7kg」までです。
保安検査の前にスケールがあり、きっちり計測されます。
ここでも見逃してくれる可能性はゼロ、かなり厳しめ。

旅先に持参できる簡易型のスケール、おすすめです。
価格も安く、LCCの場合こそ、役立ちます。

 

現地からピーチに乗って持って帰ってくるのではなく「郵送」も手。
北海道と沖縄、海外でなければ意外と安く、ピーチに乗る時も、
空港から移動する時も、身軽になれます。

【5】ピーチの「座席」は狭い? 国内線・国際線を7年乗った結論

ピーチの座席は、やはり狭いのか?

答えは「狭い」です。
ただ、場合によります。

満席に近いと、狭いです。隣が空いていれば、狭さは気にならず。
「3-3」のど真ん中で満席だと、窮屈感ハンパない。
フライト1時間ぐらいならまだしも、2時間、3時間・・・かかると、
だんだんツラくなります。

あと、座席に個人モニター、USBポート、PC電源などはないので、
飛行時間に応じた「暇つぶしグッズ」が必要。
自分の場合、国際線では「首枕」「タブレット」「文庫本」などを、
持ち込みます。7kg制限あるのであまり持ち込めないのがやや難。

 

それと、座席指定は「有料」です。
距離によるものの、ど真ん中はけっこうきついものがあるので、
窓側もしくは通路側を、支払ってでも指定するのがおすすめ。
足元が広い最前列や非常口座席も有料で指定できます。
料金以上のメリットあり。圧倒的にラク。

【6】台風や災害・・・ピーチでの変更やキャンセルは?

LCCと大手、最大の差は「何か起きた時」じゃないかと思います。

ピーチでキャンセルした場合、運賃によっては返金ゼロだったり、
返金してもらっても、現金でなくピーチポイントだったりします。
便の変更も、高い運賃でないとできないこと多々。

台風や災害などでの欠航や大幅遅延は、大手よりも多め。
しかも、自社便のみの振替で、振替搭乗が数日後になることも。
結局、自腹で別ルートで帰ってきた、かなりの臨時出費になった、
という話も聞きます。お気の毒ですが・・・それがLCC。

ピーチに限らず、LCCに乗る時はその辺のリスクも頭に入れておく、
もし欠航などが起こりそうならば、代替手段などを調べておくなど、
LCCはやはり旅慣れた人向けかなーと思います。

乗る前に必ず、便がキャンセルや変更になった時にどうなるか、
しっかり! 調べておきましょう。

■ ピーチを最大限楽しむポイント

それでも、ピーチに乗るのが楽しみ!であるポイントもあります。
デビュー当初から楽しいLCC、そこは変わっていません。
せっかく乗るなら、楽しむに越したことなし!

■ 機内食(有料)が楽しい、美味しい
■ 機内販売でピーチのオリジナルグッズが買える
■ 徒歩での搭乗であることが多い
■ 飛行機の色がかわいい、フォトジェニックである

>> ネットで安い航空券探すなら!エアトリ



You may also like...