★Withコロナ旅行★ LCC「Peach」 新型コロナ対策 機内やラウンジ 体験レポ

大手航空会社だけでなく、LCC(格安航空会社)も、新型コロナ対策に全力を尽くして、安全な空の旅をアピール中。

先日、大阪の関西国際空港からLCC「Peach」(ピーチ・アビエーション)を実際に利用して、新型コロナ対策を実体験。

ピーチの発着は、関空ではおなじみ第2ターミナル。

JRと南海の鉄道駅が隣接するエアロプラザから、連絡シャトルバス(無料)で向かいます。バスでの新型コロナ対策は、最前列の座席にロープ張って座らないようにしている程度。それより、バスの本数がどうも少なめなのか乗客が多くてちょっと「密」な感じが気になりつつ。帰りなどは積み残しが出るほど満員で、三密すぎたのはあまりよろしくない。

ピーチのカウンターは、空港でももはやおなじみの「ビニールカーテン」で、その他は普段通り。自動チェックイン機のそばにいたスタッフはフェイスシールド装着。

保安検査場の入口に、検温用のサーモグラフィーと、手指消毒液。

この手指消毒液を見ると、必ず手指にプシュ!とするのが、もはやすっかり習慣に。

>> スカイスキャナーで航空券比較検索

搭乗ゲート前の待合エリア。以前と比べると「とても空いているー!」というのが率直な印象。さすがに出発前には、ちょっと人は増えたものの、前よりも全然少ない。ただ、今はずっとこんな感じらしく。

ちなみに、保安検査後のショップやカフェは営業中。しかし、ここも人は少なめ。他の空港にある店舗は半分ほどは、まだ休業していた気がするほど、関空はかなり人が少ない。飛行機も少ない。

搭乗ゲートの前にあった、ピーチが提案する「旅をもっと安全に楽しむための10のこと」というポスター。

「マスクを着けよう」「こまめに手洗い、手指の消毒を」「体温、体調チェックは万全に」など、よく読むと、旅行はもちろん、普段の生活にも大事なポイントばかり。今のコロナ禍だけでなく、今後も普段から気を付けたいことですね、これは。

手指消毒は、ここにも。手を差し出すと消毒液が自動的に出てくるタイプも。

これ、容器を押す部分などの接触が気になることがあるので、大変ありがたいです。

搭乗券からバーコードを読み取るだけなので、接触なし。

ピーチはそのまま歩いて搭乗です。この搭乗スタイル、搭乗橋(PBB)よりも、密にはなりにくいなと、今さらながら気づきました。完全に外だし。

>> 格安航空券予約サイトskyticket.jpなら新幹線よりも安く航空券を提供。

機内は、搭乗率が満席とは程遠い状況だったので、一部を除いて「密」な感じではなかったです。自分の隣も空席でホッ。

客室乗務員は、マスクにビニール手袋で、フェイスシールドはなし。機内販売も通常より簡素化。フライト中、機長からのアナウンスで、機内の空気が清浄であること、機内の消毒作業を随時行っていることなどをしっかりアピールしていたのが印象的でした。

 

まとめ

LCCだから、ということはまったく関係なく、大手航空会社同様、ピーチも新型コロナ対策をしかり行っているという印象を受けました。搭乗率も、便にもよるけれども、今ならそれほど密にならない可能性が高く。

ただ、ピーチは大手航空会社と異なり、たとえ座席が空いていても自由に移動することができないので(座席指定が有料なため)機内での三密がどうしても気になる人には、ピーチの利用はちょっとツラいかも・・・と、その点だけが気になりました。

>> ネットで安い航空券探すなら!エアトリ



You may also like...