札幌・新千歳空港 飛行機撮影スポット「生コンポイント」へ行ってみた – 世界ソラ旅

札幌・新千歳空港 飛行機撮影スポット「生コンポイント」へ行ってみた

北海道の玄関口、新千歳空港には、空港周辺に、
撮影スポットがいくつかあります。

ただ、空港からの公共交通機関のアクセスがないため、
今まで、なかなか足を運ぶ機会に恵まれず・・・

「生コンポイント」へやっと行ってきました。
下の地図のあたりです。
「新千歳モーターランド」が目印。
このモーターランドを通過してほんのちょっと先が、
民間機の撮影スポットとして有名。

なぜ、生コン?・・・というのは、道路の入口に、
生コンの看板があるから、とのこと。

道路の一番先が、こんな感じ。
5段の脚立・・・このぐらいの脚立が必要です。

ただ、左のほうに歩いていくと、柵が低くなる場所があって、
構図を厳密に選ばなければ、脚立がなくてもクリアに撮れます。

自由自在に撮影したければ、かなり高い脚立は必須。

ほぼ焦点距離300mmです。
できれば300mm、400mmあればけっこう余裕に撮れますね。

新千歳空港は、離発着が国内線・国際線ともに多いので、
撮るのが楽しい空港ではあるものの、11月は日中でも気温0度近く、
この後に雨から雪に変わったため、ちょっと待つだけでも、
極寒で・・・当然トイレなどもないので注意。夜も街灯なし。

冬は、防寒着はもちろん、車の中で待つのが賢明です。

タキシング中。焦点距離300mm。
JALのA350、4号機。

新千歳空港は「スペマ」もホント多いです。

こんな看板がありました。
撮影等・・・ピンポイント (;´Д`)
撮影マナー、くれぐれも気を付けましょう。

今回はここの視察目的で、天気も悪かったので、
1時間も現地におらずに退散。
ガッツリ撮影は、次回また。

生コンポイントから北上すると、こういう(↑)
撮影スポットもありました。
「お立ち台」があったので脚立不要です。

ただこの日、事務所に誰もおらず、中に入れず。
閑散期はそういうこともあるようです。

事前に電話して聞いたほうが良いかも。

生コンポイント、ドッグランスポット(?)は、
いずれも、車がないと行くのは困難です。
空港でレンタカーを借りるのがおすすめ。



You may also like...