JAL 「特別塗装機」の運航情報が事前にわかるページ

先週末、伊丹空港に近い「伊丹スカイパーク」での飛行機撮影でした。そこで撮った、JALの特別塗装機「JAL Celebration Express(セレブレーションエクスプレス)」、分かりやすく言えば「ディズニーの飛行機」です。機体全体、ディズニーのデザインはインパクトあるなと、改めて。

これまで羽田空港で何度か見かけたことはあったものの、しっかり撮ったのは初めて。朝、チェックしたら伊丹に飛来することを知り、思わずガッツポーズしました。

で。その飛来情報、いったいどうやって知ることができるの?・・・というのが、今回のテーマ。

このような「特別塗装機」の運航は通常、不定期です。毎日同じ便に、というのはたまにあるものの、国内そして海外のエアラインでも、事前には一般的によくわからないもの。たいていは空港に行って見かけて初めて「ラッキー!」という感じになります。はい、自分もです。

ただ、JALの場合、公式サイトの「運航状況」から、前日・当日・翌日までだと、わかります。

例えば、東京(羽田)→札幌(新千歳)で検索すると、こんな画面が出ます。

注目は「備考」のところ。「●●特別塗装機で運航いたします。」と記載してあれば、特別塗装機です。出発遅延が優先なのでこの欄、いつもゴチャゴチャしていますが。伊丹空港が拠点のJ-AIRが運航する「ミニオンジェット」なども表示されます。

同じJALグループでも、JTA(日本トランスオーシャン航空)の「ジンベエジェット」は、特設サイトで当日・翌日のスケジュールをわかりやすく掲載してくれています。

くれぐれも注意すべき点は、当日であっても「機材変更」はよく起こること。

前日にチェックしてあたかも狙い撃ちのごとく予約を入れて決済し、「さぁ乗るぞ!」と意気込んで空港に行ったら、ゲート前に駐機していたのはただのノーマル塗装機だった・・・と「ぬか喜び」に終わってしまったことは、今まで一度や二度ではないです。子どもではないので、ゲート前で泣きつきたいのをグッとこらえたものの、本音は号泣レベル。

ちなみに、ANAには、JALのこのような便利なリサーチ方法はないので、「当日のお楽しみ」です。

ただ、事前になんとなくわかることはあります。例えば、夜に到着してそのまま”ステイ”して翌朝便として戻る場合の「折り返し便」のケース。便が少ない国際線だともっとわかりやすく、日本を出発した時点でほぼ確定です。

特別塗装機、空港で見かけるのはもちろん、いざ乗れるとなると、やはりうれしいものですよ♪

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...