エアインディア 20年ぶりの搭乗で香港へ

ここ数年の半年に1回ペースでの香港出張、今回利用した航空会社は「エアインディア」、大阪=香港線です。

エアインディア、実に20年ぶりの搭乗。あの時は海外まだ2度目、大学生でした。大学の正門前でもらったHISのチラシにあった「激安香港」ツアーに友人と申し込み、関空でいきなり出発が4時間遅れ、機内はボロ過ぎるシートに不味いインド料理の機内食という、安ツアーの洗礼を浴びたような若かりし頃の経験。その時の香港でなにを楽しんだかよく覚えていないのに、苦々しい経験だけは20年経っても鮮明に覚えているというか、いつまでも記憶に残るものですね。

初めての香港がそのいきなりエアインディアでやられてしまったので、その後にANA、キャセイで行くようになると「なんてラクなんだー」という感じで。ホント、苦い経験は若い時分にしておくに越したことなし。

そんなエアインディア、現在はなんと最新鋭の「ボーイング787-8 ドリームライナー」での運航。以前から飛行機を撮影していて気になっていた、この787。

今回、航空券の価格がとても安かったのと、ANAのマイル/プレミアムポイントが「50%」加算されるので、思い切って乗ることに。ANA運航便のような「1.5倍」まで付かないけれど、ANAより機材が随分と新しいので(苦笑)

行きはなぜか30分も早着、帰りは1時間以上ディレイ。搭乗率は行き帰りとも3割ぐらいで、インド人や日本人よりも中国人が多め。エコノミークラスの3-3-3で3席独占できたので、ゴロンと寝転がって快適。機内エンターテイメントもちゃんとタッチパネルですよ(笑)まぁ観る映画も特になくて結局、機内に持ち込んだ文庫本を読み漁っていました。サービスはまぁインド人に過剰期待しちゃいけないので、あれぐらいなら許容範囲。日本語が話せる客室乗務員はゼロです。

あ、機内食はまた記事でレポートします。インドのカレーが好きならたまらんです。

いつも心配な手荷物は、エコノミークラスだと機内持ち込み1個8kgまでとのことだけど、その辺は緩かったです。さすがにスーツケースまで持ち込もうとすると言われたので、カウンターで預けました。

20年前の苦い経験から比べると、結果的には満足なレベル。787で経年まだ4年の割には掃除あまりしてないなという感じだったものの、機内のもろもろ音は静かだし、次も利用したっていいぐらい。

ただ、運航時間が良くない。行きの大阪発が昼過ぎなのはともかく、帰りの大阪行きは香港発8時5分。1日余分に宿泊費が要るのがもったいない。特に、香港はホテルが異常に高いだけに。

早朝に空港に行くのに、どうせ前日も空港にいるのだから、空港内のラウンジでしばらく滞在や仮眠、最悪はベンチで寝るとかも考えたけれど、この年齢になると体力的に絶対キツいので、結局、九龍のホテルにそのまま泊まって深夜バスで空港に向かいました。なんかもったいなかった。

結論としては、香港出張はやはり「キャセイ一択」かな、と。もうちょっとでワンワールド組に戻れそうだし、新しいキャセイのラウンジも行ってみたいので、同程度の価格ならキャセイがベスト。ただ、どうしても大手&スターアライアンスがいい、安くて787に乗れる、インドちょっと体験してみたい、ANAのアレは勘弁(苦笑)・・・という方はぜひ。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...