【エジプト】 エジプト旅行の必需品はこれ! 持ち物と両替まとめ

エジプトに行く前、いつも以上に念入りに準備しました。欧米やアジアなどだと、日本から絶対に持っていくのは実は常備薬(と生理用品)やスキンケア用品ぐらいで、「あとは現地でなんとかなる」と考えています。しかし、初めてのエジプトは未知の場所。コンビニなど明らかになさそうですし。

■ まず、基本的な持ち物

・パスポート
・現金(米ドル/日本円)、クレジットカード
・航空券(eチケット)
・海外旅行保険の証書
・常備薬(胃腸薬、整腸剤、風邪薬、痛み止めなどやや多め)
・スマートフォン(iPhone SIMフリー版)、充電コードほか
・一眼レフカメラ、レンズ、バッテリー、SDカードほか (←夏は砂嵐対策が必須)
・コンセントの変換プラグ(Cタイプ)
・メガネ、コンタクトレンズ、歯磨きセット、など

これらは欧米その他海外に行く時とさほど変わりません。

生理用品はどの国に行くにしても、日本から必ず持参します。経験上、「日本製がベスト」という結論に達しました。台湾や香港などだと日本でおなじみの製品がそこらじゅうに売っているので大丈夫かとは思いますが・・・

■ エジプトで特に重宝した物

・帽子、サングラス、日焼け止め、日傘、スカーフ
・虫除けスプレー、虫刺され薬、リップクリーム
・日本の冬に近い上着
・サンダル(クロックス)
・スポーツドリンクや緑茶の粉末、のど飴
・ジップロック
・洗わないで使えるヘアトリートメント
・在エジプト日本大使館の場所と連絡先。現地の安全情報、など

サングラスとスカーフは日除けだけでなく「防犯」にも重宝します(特に女性) あと、日中は暑くても夜はかなり冷え込みました。日本大使館うんぬんは“保険”のようなもので、ツアーであっても「何か起きた時は自分の身は自分で守らないきゃいけない」と常に考えていて、その日本大使館のホームページからダウンロードできる現地の安全情報はプリントアウトして持参し、カイロにある日本大使館の場所を把握するのと、隅々まで読みました(どのエリアでもけっこう役立ちますよ!)

あと、普段着も「長袖」が女性は必須。これも日除けというより、女性が人目のある場所で肌を露出するのはイスラム教ではタブーなので。

■ エジプトで現地調達した物

・ファブリーズ(ニオイ消しスプレー)
・マンゴージュース、スナック類などのお菓子
・SIMカード
・ティッシュペーパー、ウェットティッシュ

滞在したホテルもクルーズ船もいちおう5つ星なのにそれはあくまでエジプト基準で、日本だと1、2つ星レベルじゃないかという低レベルさ。特に、水回りが酷くて禁煙でもなく妙なニオイがしたので、ルクソールの街で見つけたスーパーでファブリーズもどきを買いました。 ペーパー類は途中で足らなくなったので、これもカイロ郊外の「カルフール」で追加。

そして「SIM」も、空港のショップが空いていなかったので、ルクソールの街なかで自分でボーダフォンのショップを見つけてゲット(ガイドに頼むとけっこうな手数料を要求されたので却下) エジプトのネット事情などは、また別記事で。

■ 両替とクレジットカード利用について

現金は上記の通り、「米ドル」を持参しました。日本でエジプトポンドに両替せず、米ドルをエジプトポンドに両替したのはルクソールの街中で見つけた両替所です。空港には深夜に着いたので両替所は空いておらず。街の両替所は見た目もいろいろで、自分では良し悪しが判断つかず、SIMを買ったショップで教えてもらいました。

もし、ツアー内だけだと、エジプトポンドは必要ないんじゃないかと。土産屋とか、米ドルでも日本円でも払えると言ってました。その分かなり割高のようでしたけど。

クレジットカードが使える場所は街なかにもありますが、セキュリティの面からとても使う気になれず、結局使ったのはカイロ郊外の高級ショッピングモールにあった「カルフール」と「スターバックス」のみ。空港での利用はアリかと思います。ただ、空港内のショップはかなりイマイチでした。

  

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...