フランクフルト空港 出国エリアにある無料「展望デッキ」(ターミナル1)

海外に行くと貴重な、空港の「展望デッキ」。ドイツ・フランクフルト空港にも、展望デッキはあります。

有名なのが、ターミナル2の一般エリアにある展望デッキ。入場料3ユーロ。以前は手すりだけだったのが、改装後に網になり、レンズ穴はあるものの、フードなしニコン80-400mm/キャノン100-400mmクラスがかろうじて入っても上下左右に振れないという大きさとか。ガチの飛行機撮影でこれはツラい。

実はもう1つ、最近オープンした展望デッキ、というほどではないけれども、フランクフルト空港内で、外で飛行機が撮れる場所を見つけました。

ルフトハンザ・ドイツ航空やANAなどの便が発着する「ターミナル1」の出国後エリア。名称は「Terrace」(テラス)です。場所は、エア・カナダのメープルリーフ・ラウンジの近くなので、このラウンジを目指すとわかりやすい。ここは「無料」で利用できます。

展望デッキというより、本当にただのテラスです。スペースもそれほど広くなく。

実はここ、喫煙所。だからなんとなく煙たいので、苦手な方はくれぐれもご注意を。ヨーロッパの空港、デッキ兼喫煙所のパターン、ちょっと多い。

でも、網もアクリル板もない、低い手すりだけ。駐機する飛行機も目の前。屋根はないけど、ベンチはある、床はウッドデッキ。

エティハド航空の787。これで、焦点距離(35mm換算)100mmほど。近い近い。

なにより、遮るものが何もないのが良いです。

向こうに見える滑走路から、離陸していく飛行機も撮れました。これで焦点距離(35mm換算)80mmぐらい。

ただ、手前にターミナルがあって滑走路が見渡せないので、飛行機はいきなり飛び出してきます。狙いたい機体があれば「フライトレーダー24」あればベスト。空港内のWi-Fi(無料)が拾えるはず。

フランクフルト空港は世界随一の拠点(ハブ)空港なので、航空会社と機材はバラエティに飛んでいて、ずっと眺めていても飽きません。ルフトハンザに若干飽きるぐらいです・・・贅沢(笑)

シュンゲン外の、しかも出国後にしか利用できないので、行くことができるハードルはちょっと高め。どうしても飛行機を撮りたければ、日本への帰国前になんとか時間を作って撮りに走る。時間があれば、ここで暇つぶしも手です。タバコの煙たいのだけ我慢できれば・・・



++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...