空港ホテル | 「ハンプトン イン & スイーツ ラスベガス エアポート」 朝食とアクセス

ラスベガスと言えば、ギャンブルの街。
カジノ併設の巨大ホテルがとても有名・・・
なのだけれど、宿代が高め(自分比)

その前のロサンゼルスのホテルが予算オーバー。
「空港に近い」「空港無料シャトルバスがある」を、
ラスベガスでも優先した結果、こちらのホテルに。

「ハンプトン イン & スイーツ ラスベガス エアポート」

ここも、ヒルトン系。
ヒルトン・ゴールド会員なので、公式サイトから予約。
1泊120ドルぐらい、安い!

★初利用、2人利用、キングベッド&ソファベッドの客室を予約。

無料シャトルバス、電話で呼ばないと来ない

ハンプトン・インは、ヒルトン・ガーデン・インの下あたりのランク。
どちらかというと、ファミリー向けのホテル。

ホテルのシャトルバスは、例によって「ホテルに電話してバスを呼ぶ」。
ただ待っていても、来ないので注意。
会話もちろん英語オンリー。

英語に自信がなければ、タクシーか「Uber」を使ってください。

ヒルトンゴールド特典、フロントで選べる

ヒルトン・ゴールド会員の特典、ドリンクとスナックを選べる。
さらに、水のペットボトルが2本無料。

部屋に冷蔵庫もあったので、冷やせたものよかった!
(ラスベガスのカジノホテルは部屋に冷蔵庫がないのが有名)

なお、朝食は宿泊料込み。Wi-Fi無料。

客室は広め、「ツイン」がないので注意

スタンダードな客室。ちょっと古め。

本当は、ツインの客室が良かったのだけれど、このホテルにはなかった。

このソファ(↑)がベッドに。
組み立てもわかれば、女性でも簡単にできる仕組み。

どちらにも寝てみて、ベッドのほうが寝心地はよかったものの、
ソファも悪くなかったです。

台所のような、流し台がありました。食器などはなし。
コーヒーメーカーで、コーヒーや紅茶、お湯は沸かせます。

ホテル1階に、いつでも無料で飲めるホットコーヒーのポットも、
置いてありました。

バスルームは、バスタブ付き、トイレは一緒。
バスアメニティは、ヒルトン・ガーデン・インと同じ。
タオルの数も十分。ドライヤーももちろん完備。

朝食は宿泊者無料、それなりのメニュー

あくまで宿泊費に込みの朝食。
別途料金のヒルトン・ガーデン・インよりは下で、
エッグステーションもなし。

メニューは「エッグ」「ベーコン」「ヨーグルト」「パン」
「フルーツ(たぶん缶詰)」「シリアル」「ジュース」など。
ワッフルマシーンがあり、ここにはヒルトン・ガーデン・インになかった、
生クリームがあった!

朝食が無料なので、ずーっと混んでました。
しかも、床などがけっこう汚れていて、
やはりホテルの客層は宿泊費に比例する・・・と痛感。

飛行機が見える部屋もある!

空港から近いだけあり、飛行機が見える部屋もあります。

空港側の2階だったので、窓から飛行機が見えました。

ただ、窓は開かないので、ガラス越しで。
焦点距離は400mmちょっと。

できれば最上階(4階)だと、空港も滑走路もよく見えそう!

ラスベガス中心部までのアクセス

ラスベガス中心部(ストリップ通り)までは、バスで1時間程度。
路線バスを1、2回乗り継ぐ必要があります。
ホテルの近くの停留所から、2つの路線が便利。
バスの本数はそれぞれ1時間に20~30分に1本程度。

タクシーやUberだと20分程度で行けるかと。

なお、空港への直行路線バスはないのでご注意を。

まとめ

ラスベガスで、無料の空港シャトルバスと朝食がつき。
しかもヒルトン系で、1泊120ドルちょっと。
はっきり言って「安い」です。

朝食会場がカオス、掃除で忘れた汚い雑巾が残っていたとか、
よからぬ点もいくつかはあったものの、
コスパ的には良かった。スタッフもフレンドリー。

ホテルのそばに「セブンイレブン」、少し歩いたら「マクドナルド」、
スーパー(ウォルマート)まで徒歩15分ほど。
車があればもっと便利です(駐車無料)

「ハンプトン イン & スイーツ ラスベガス エアポート」の価格をアゴダでチェックする
「ハンプトン イン & スイーツ ラスベガス エアポート」の価格をエクスペディアでチェックする
「ハンプトン イン & スイーツ ラスベガス エアポート」の価格をBooing.comでチェックする



++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...