空港スタバ | オーストラリア・シドニー国際空港

オーストラリアに行きました。2006年以来12年ぶり、4度目。人生最初の海外旅行がオーストラリアで、その後5年ごとに行っていたものの、最近はずいぶんとご無沙汰に。今回はシドニーのみで空港利用は17年ぶり、街に出るのはなんと23年ぶり!

シドニー空港は、国際線ターミナルこそ昔そのままで、国内線ターミナルが別に増えていて・・・17年も前のことなんてほとんど覚えていません(苦笑)

「スターバックス」は国際線ターミナルのみにあります。しかも、出国後エリア。国内線ターミナルや一般エリアにはないのでご注意を。オーストラリアはスターバックス、相変わらず少ない国です。

場所は、国際線の保安検査場を抜けて、右に曲がってどんどん、どんどん進んでいった先にあります。メインというよりサテライトな場所。【56ゲート】の近くです。ANA羽田行きの便のゲートだとけっこう便利。

保安検査場から歩いて10分はかかります。自分の搭乗ゲートがまったく逆サイドだったので、なんだかものすごく遠く感じ・・・帰りはさらにもっと遠かったです(汗)

夜8時半ごろ、もう閉店モードでした。早めに行ってください!

椅子もちょっとあるものの、その辺のベンチで飲食するスタイルです。飛行機もここからだと見えづらいので、テイクアウトがおすすめ。

オーストラリアらしいドリンクといえば「フラットホワイト」です。スターバックスのメニューにもあります。

その他のフラペチーノなどは、レギュラーでは特にスペシャル感はなく。ただ、時期限定で日本のスターバックスにないメニューが出ることもあるので、ぜひチェックを。フードは日本よりはちょっと充実しているかなレベル。

スターバックスおなじみ、ご当地マグもオーストラリア版があります。よくあるふつうのデザインのやつ。

世界中のスターバックスで販売されている「ベアリスタ」のオーストラリアバージョンと、限定でコアラとカンガルーのベアリスタも見かけました(2019年3月現在)

【まとめ】

オーストラリアのスターバックスは、市内の店舗も含め、アジアなど他の国と比べると「わおっ!」というサプライズ感は正直、ないです(苦笑)

ただ、オーストラリアならではのドリンクがあったり、フードが日本とは異なったり、シドニーのご当地マグなどはあります。出国時や乗り継ぎ時などにシドニー空港でもし時間があれば、ぜひ。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++



You may also like...