中国・西安空港 国際線「ファーストクラスラウンジ」悲惨話 【プライオリティパス利用可】 – 世界ソラ旅

中国・西安空港 国際線「ファーストクラスラウンジ」悲惨話 【プライオリティパス利用可】

ここ数年で利用してきた、国際線での空港ラウンジの中で、
もしかしたら”ワースト1”かも!なラウンジの紹介です。

中国・西安から大阪への帰り、西安咸陽国際空港で、
プライオリティパスで利用できるラウンジを、
事前に調べると、けっこうあったんです。
中国南方航空のラウンジとか。

それでちょっと、いやけっこう、ワクワク、
楽しみにしていたわけですよ、ラウンジ。
中国のラウンジといえば「ヌードルバー」が、
美味しいですから。
しっかりとお腹も空かせて、準備万端で。

国際線、ラウンジ名から想像もできない小さなラウンジ!

国際線の保安検査場を早めに抜け、階段を下りたら、
本当に小さなショップとトイレ、
いかにも堅そうなベンチだけが並ぶ中、
奥のほうにラウンジがポツンと。

あまりの殺風景な場所に「えっ、これだけ・・・」と、
呆然としてもあとの祭り。
後には戻れないわけで。
※西安空港では必ず一般エリアで飲食しておくこと!

搭乗まであと1時間以上。堅いベンチよりは、
ラウンジがあるだけマシ、と思うしかない。

いざ、入室したものの、利用客もまばら

プライオリティパスだけでなく、
ラウンジがここだけしかないわけで、
中国東方航空もどこの大手航空会社であっても、
利用できるラウンジでした。

名前だけ「ファーストクラスラウンジ」と立派。

ラウンジ内部。この時点で客ゼロ。
さては皆さん、一般エリアで飲食しておかなければいけないこと、
ちゃんとご存知ですね。
あとから来た客でも全員で5、6人。

一体何年前だ?という感じの内装にソファ。
窓にはしっかりスモークが貼られていて、
飛行機もなーにも見えません。
わずかでも外光が入るだけ、密室よりは良いか。
うむむ。

 

ラウンジの軽食も貧相すぎ、ただただ絶望感

ラウンジに置いてあったフードが、また悲しかった。

ヌードルバーはおろか、温かい食べ物ゼロ。
自分でお湯を注いで作るカップ麺のみ。
スナック類もいくつか食べてみたものの、
「ぜんぶ美味しくない、はっきり言って不味い」という、
最悪の事態です。

もう「ここまで不味いお菓子よく揃えたな」という感じ。
お腹空いてるのに食べる気がしないって、悲しすぎました。

ドリンクも、まぁなんとも、という感じ。

いちおう横の冷蔵庫で、青島ビールが冷やされていました。
ビールがタダで飲めるだけラウンジ利用者には良いのかな。

アルコール一切飲まないので、その恩恵すらなし。

なぜか、ミニトマト。
ミニトマトは、青島のラウンジにもあり、
機内食にも出てきて、中国人に流行っているのか、
気になったところ。

中国で、生野菜は極力食べないことにしているので、
誘惑されたけれども、ここはグッとこらえて、
食べてません。

結局、スナック菓子は一口でぜんぶアウト。
ただのお茶だけ飲みながら休憩、というだけの、
ラウンジでした。
ソファの座り心地はさすがに良かったけれども。

で、お腹が空いたまま、機内食にひたすら期待。
(でも、このあとの機内食がまさかの饅頭1個だったという悲劇)

トイレは男女共有1個のみ、電源は少ないので争奪戦

ちなみに、ラウンジ内にトイレはあります。
ただ男女共用なので、1人入ってカギを閉めたら、
ずっと使用中。
外のトイレもすぐ近くなので、それほど不便さはないので、
ご安心を。

あと電源、ほとんどなかったです、ラウンジ内。

ラウンジのスタッフが、あの重そうなソファを必死に動かして(苦笑)
電源を探してくれ、1個だけ見つけてくれたのが唯一だったかもな。
中国人のおじさん、バッテリーステーションのコンセントを、
堂々と抜いて使っていたけれども(さすが中国人!)

ラウンジ内のWi-Fiは不明。
中国のWi-FiはGoogleなど使えないので使わず、
いつもの香港のSIM(中国移動香港)でネットサーフィンしてました。

【まとめ】中国に大きな期待は禁物、ラウンジも!

名前こそ「ファーストクラスラウンジ」でも、
はっきり言ってビジネスクラス以下。

西安空港の国際線では、飲食は必ず保安検査前に済ませるのは鉄則。

このラウンジは、急に遅れた時やベンチが窮屈な時の、
避難場所程度の使い方ですね。

これで国際線のラウンジなのだから、悲しすぎます。
まぁさすが、中国というか。

中国という国は国土が広いのもあり、国内線のほうが運賃も高いし、
客も多いし、ターミナルもラウンジもおそらく豪華なんですよね。
世界基準の逆転現象。



 

You may also like...