イギリス・ロンドン ヒースロー空港 BAラウンジ Galleries (T3)

blog_import_5621cc5749b2f-480x288

空港での楽しみ、その1つが「航空会社ラウンジ」。特に、巨大空港のラウンジは、各社ともけっこう力を入れています。空港で飛行機も撮る身としては、航空会社ラウンジが使える立場になると空港で過ごす時間がますます増えてしまいました。その代わり、昨今の円安で買い物をする余裕はなくなったのが良いのか悪いのか・・・(以下略)

さて今回は、イギリス・ロンドンのヒースロー空港。JAL利用だとハブであるブリティッシュエアウェイズのラウンジが使えるとあって、いつもよりかなり早い、出発時間3時間前にチェックインカウンターに行きました。既に長蛇の列でしたが、ビジネスクラスのカウンターが使えたのでこちらに並んでいたのは数名。チェックイン→保安検査場は優先レーン→ほんの少しだけ買い物→ラウンジへ。

「BA Lounge Galleries」は、ファーストクラス向けとビジネスクラス向け、そしてスパがあります。今回のレポは、ビジネスクラス向け。

トップ画像、ラウンジから見えた景色です。飛行機好きにはたまりません。左のJALが自分が乗る帰りの便。そのちょっと奥が滑走路で、タキシー中の機体だけでなく、離陸する飛行機もよく見えました。

blog_import_5621cc57e3c2c-480x288

窓に面したカウンター席から、ミラーレス一眼カメラ「Nikon1 J1」で撮った写真。ガラス越しなのでできる限りガラスにレンズを近づけて撮影しました。当然ながらBAが多いですが、A380や747、また、LOTポーランド航空やRB(ロイヤルブルネイ航空)の787といった“レア機体”もどんどん離陸していきました。

いつもの一眼レフカメラと超望遠レンズ、カウンターで預けられませんからこの時も持参していました。でも、さすがに周りの目が気になって出せず。カウンター席がもっと空いていたら、次回は出しても良いかなーとも思いましたが、ちょっと勇気は要ります(苦笑)

ラウンジの食事、最初はサンドイッチとスープぐらいしかなく、18時からパスタなどの食事が並び始めました。JALの便が19時15分発なので、早めに行ってもない、18時ごろを見計らって行かなければいけません。もしYかPYだとガッツリ食べていたのだけれど、今回Cだったので、ラウンジで食べ過ぎると機内で食べられなくなってはもったいないと、スープと上のポテトチップスだけいただきました。このポテトチップス「KETTLE」、イギリス名物で美味しかったです。ラウンジにはライトソルト味とチリ味が置いてありました。

ドリンクは、アルコールもけっこう並んでいましたが、まったくお酒が飲めない人間なので、炭酸飲料1本のみ。

blog_import_5621cc58d1914-480x288

ラウンジのスペースはかなり広く、またBAのメインがターミナル5なので、利用していたのはほぼJALの搭乗客。日経新聞や朝日新聞の衛星版、週刊文春なども置いてありました。Wifiは無料で使え、パソコン用の作業スペースも広かったです。壁に、BAのノスタルジックなポスターも貼ってありました。

blog_import_5621cc5968c57-480x288

行きで利用した、羽田空港国際線ターミナルのJALサクララウンジも豪華で、国内線のラウンジとぜんぜん違いました(笑)

今回、ヒースローのBAラウンジ、とても気に入りました。空港によっては飛行機が見えない、ロケーションがよくないラウンジもありますが、さすがプレーンスポッターの国(?)窓から見える景色は最高でしたし、居心地もバツグン。次回ヒースローを利用する時も、できる限り早めに空港に行ってラウンジ直行、決定です☆

あわせて読みたい