シンガポール・チャンギ空港 無料の展望デッキ(ターミナル1)

海外の空港に「展望デッキ」があるだけで本当にありがたい、なんて思ってしまいます、最近。日本ではどの空港も(撮りやすい撮りにくいは別として)ひとまずあるのに対し、いっそ海外では展望デッキなどまず「ない」と考えておいたほうが良いくらい。

シンガポール国際空港の展望デッキ、ターミナルごとにあることはあるものの、「飛行機を撮る」ことを考えると、ターミナル1がおすすめ。一般エリアなので、飛行機を乗る時だけじゃなくても行けます。しかも「無料」。

行き方もそんなに難しくないです。海外のはずなのに、日本語でも「展望デッキ」と出ています(笑)

ここが、ターミナル1の展望デッキ。なんだガラス越し、なんて贅沢は言ってられません。あるだけマシ。しかも、ガラス1枚。ありがたいありがたいありがたい・・・

でも、ガラスに微妙に色がついてます、よく見ると。これは撮る時に厄介、と思ったら、中には色がついていないガラスも。もちろん、色のついていないガラス越しに撮ります。非常用の窓のようなので、念のため、手荷物はすぐ動かせるようにご配慮を。

近くにトイレ(清潔)、セブンイレブン、KFCなどもあり。ベンチもあるけど少なめなので、レジャーシート持参だと座れるのでラクかも(床はきれいだけれど、念のため)

駐機する飛行機をガラス越しに撮ってみました。標準ズームレンズで、100~150mmほど。どうしてもガラス越し、ピンが甘くなるので、ピクチャーコントロールで「風景」にする、PhotoshopやLightroomなどの画像処理でコントラストやシャドゥなどを上げると、なんとか仕上がります。

ここは第1ターミナルなので、第1ターミナルを利用する航空会社がメイン。ジェットスター、エアアジア、エミレーツ、キャセイパシフィック、中国南方航空、厦門航空、JALなど。

奥でタキシーする機体も撮れます。もしきれいに近寄って撮るなら、300mm相当のレンズが必要。カーゴエリアも近いので、ちょっと変わった貨物機も、運が良ければ。

この飛行機、「MY INDO AIRLINES」という航空会社です。初めて見ました。調べると、インドでなく、インドネシアを拠点とする貨物の航空会社とか。遠目に見ると一瞬、ノックエアに見えてワクワクしたけど、残念(苦笑) ※ノックエアはシンガポールでは見られません

あと、ターミナルの左右から離陸していく飛行機も見えます。が、ガラス越しなので、きれいに撮るのはほぼ無理。

ターミナル1は、JALも利用するので、到着後や出発前にフラッと訪れるのにも良いかと。チェックインカウンターのエリアからも近いです。あと、ターミナル3の展望デッキにも行ったけど、ガラスが二重でまともに撮れないので、「スカイトレイン」(無料)でターミナル移動しても来る価値あり。特に、午前中はやや逆光、午後から順光です。24時間営業なので夜も良さげです(ただし忍者レフ要)

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい