飛行機で「台風」に遭遇したら? 欠航や返金などまとめ

夏は「台風」が多い時期。台風が来ると、飛行機は大きく影響します。便が欠航したり、大幅に遅延したり。沖縄や九州だけでなく日本全国、さらに海外にいる時にも注意が必要です。

もし、自分の旅行が台風に遭遇して、飛行機が影響を受けそうな時。欠航のタイミングや便の振替、キャンセルや返金などの対処法についてまとめました。

■ 台風は動きが予測できる、運航状況をチェック

台風は、突然起こる地震などの災害と違い、影響を受けそうなエリアが事前にわかります。「あぁ、自分の便が影響を受けそう・・・」とわかったら、すぐに対処しましょう。”早め行動”が大事です。

まず、自分が利用する航空会社の公式サイトで「運航状況」のページをチェック。もし「条件付運航」などになっていたら、どの運賃にもかかわらず、1回のみ手数料無料で便の振替や払い戻しができる状況です。

JAL 運航状況のご案内(国内線)
ANA 国内線運航状況のご案内

JALやANAは「Twitter」で運航状況を随時発信しています。Twitterをよく使っているなら、ぜひフォローしておきましょう。

■ 航空会社は「手数料無料」で便の振替や全額返金

台風の場合、航空券は、払い戻しや便の変更が不可であっても、全額が返金、または便の振替(1回のみ)が【無料】でできるようになります。

大事なのは、航空会社が払い戻しや変更などの対応を発表してから、キャンセルや便の振替手続きすること。発表前だと、手数料を取られます。

■ 空席待ちは混雑必至、できる限り早く空港へ

台風が来て欠航が相次ぐと、後続便に予約が殺到します。

空席待ちは「早い者勝ち」ではあるものの、いくら早く空港に行って空席待ちの順番を取っても、航空会社の上級会員が優先されます。それでも、同じ空席待ちの順番なら、早い人から呼ばれます。早く行くに越したことはありません。

■ 他社便へ無料で振替はできるのか?

台風などの悪天候が理由の欠航や大幅遅延などの場合、他社便への振替はできません。「台風の場合は振替NG」ですのでご注意を。

なお、機材変更など自社が理由の場合は、ANAからJAL、JALからANAといった他社便への振替が無料で可能です(マイルも移行可 ※要問合せ) ホテルや食事なども航空会社から用意されることもありますが、台風の場合はありません。

■ 国際線で台風に遭遇した場合

国際線で、日本発着便が台風の影響を受ける場合、大手航空会社では欠航するよりも「出発時間が大幅に遅れる」ことのほうが多いです。理由は、台風が去ってから出発するから。国際線は多くとも1日1、2往復ほどしかないので、片道だけ欠航すると翌日以降の便でオーバーブッキングが起こるなど混乱するからです。(香港国際空港で経験しました)

LCCの場合、台風だとすぐに欠航します。他社振替もできませんから、翌日以降の振替便に予約が殺到します。台風の多い場所やこの時期は、少々高くとも大手航空会社を選ぶことをおすすめします。

なお、海外の航空会社も同様で、出発または到着する空港が台風に遭いそうな場合、欠航または大幅遅延が発生します。日系航空会社ほどの丁寧なサポートは期待できないものの、便の振替や返金などは基本対応してくれるので、利用する航空会社またはツアーだと旅行会社などにできる限り早く相談してください。

日系航空会社で、海外にいる場合、自分が乗る便が飛んできてこちらに向かっているかどうかは「Flightrader24」でわかります。

■ 他の航空券も検索、延泊のホテルも早め確保を

自分が利用する航空会社での振替便が大幅に遅れそうで、仕事や学校の都合などでいち早く飛行機に乗りたい場合は「スカイスキャナー」で検索がおすすめです。



また、現地のもう1泊しないといけない場合などは、ホテル予約サイトで探しましょう。同じように台風で足止めされてしまった人は多いので、空港周辺のホテルなどは「早い者勝ち」。「Booking.com」「Expedia」などで探すのがおすすめです。





++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

スカイスキャナー



You may also like...