【ANA】 シート画面に電源! 最新「A321neo」国内線搭乗レポ – 世界ソラ旅

【ANA】 シート画面に電源! 最新「A321neo」国内線搭乗レポ

ANA国内線に投入されている「エアバスA321neo」が、
デビューしたのが、2017年9月。

194席という小型機のため、国内線の路線においては、
地方路線を中心に運航されています。

ので、幹線に乗ることが多い自分、なかなか縁がなく。

ついに、2020年2月、乗りました!
ピンポイント予約!
いつもの大阪(伊丹)→東京(羽田)です。

>> スカイスキャナーで航空券比較検索

この路線、いつも「ボーイング777-200」が多く、
400人超のフライト、しかもほぼ満席。
搭乗口の前も人が少ないのが、なんとなく新鮮。

羽田便専用の10番スポットにいるA321neoが、
とても小さく見えました。

伊丹11時発。
この時間だと、ビジネスマン少なめ。
優先搭乗が朝夕よりも少ない(苦笑)

シートは、3-3の配列。前方はプレミアムクラス。
プレミアムクラスは早々に満席となっていたため、
今回、普通席での搭乗に。

座席にモニターがついている!

国際線ではおなじみのシート画面も国内線だと、
これが人生初めてかも・・・
あ、スターフライヤーはあったか。

その国際線ほど映画や音楽などのプログラムは、
多くはないものの、国内線の飛行時間だと、
十分な数、ありました。

>> 格安航空券予約サイトskyticket.jpなら新幹線よりも安く航空券を提供。

USBポートがあるので、スマートフォンなどが、
充電できるのも、とても画期的なこと。
最近のスマートフォンはすぐバッテリーが減るので、
これホント助かる!

座席の下にPC電源もあります。

機内Wi-Fi、利用できます。
しかも、他の機材よりも繋がるのが早いし、
ちゃんと繋がるのは、新しい・・・から?

ドリンクサービスは、他の便とまったく同じ、
テーブルもあまり変わり映えはしないものの、
新しいのできれいです(笑)

※新型コロナウイルスの影響で、普通席において、
ドリンクサービスはありません(2020年3月現在)

A321neoには、ウィングレットが付いていて、
先端には「ANA」です。
だから窓側席、おすすめ。

伊丹空港からの離陸直後は、眼下に昆陽池、
日本列島も見えます。
下の写真、左下に伊丹空港。

国内線でも、座席に個人モニターがあり、
スマホが充電でき、Wi-Fiも利用できる、
そんな時代が来たのだなと、ただただ感動。

一気に未来の乗り物のようでした。

とはいえ、上の3つがない機材もまだまだ、
運航されているので、油断はできない。
新しい機材に慣れると、戻るのが怖い。

ともあれ、A321neo、ピンポイント予約、
おすすめです。

>> 1万円以内で国内航空券がみつかるエアトリ



You may also like...