【搭乗レポ】フィンエアー「エコノミーコンフォート」は快適? 手荷物は?

ヨーロッパに行くのに「フィンエアー」に搭乗しました。実は人生初(2019年5月) 「フィンエアーに乗る」という目標をクリアするため、今回はフィンエアーをピンポイントで予約です。

行きは”諸事情”により、ソウル発になりました。AY42便です。10時20分発なので、ソウル前泊。ソウルまではLCC「ティーウェイ航空(T-way)」で。

韓国のLCC「ティーウェイ航空」搭乗レポ、手荷物も詳しく

使用機材は、成田や大阪、名古屋線同様の最新鋭「エアバスA350-900」です。最近けっこうよく当たるようになってきました。

■ エコノミーコンフォートの座席

ビジネスクラスで行くことも一瞬考えたものの、エコノミークラスで値ごろ感あるチケットを見つけたので、今回は初めてでもあり、エコノミークラスに。10時間のフライトなら、エコノミークラスでも大丈夫・・・なはず(10時間を超えると正直しんどいです、満席だとなおさら)

エコノミーでも、シートピッチが広い「エコノミーコンフォート」にしました。1万円ちょっとの追加。

なにより、エコノミークラスで死活問題の、シートピッチが広いのはやはり最高。快適度が違いました。しかも行きの便、3席独占!(ひじ掛けを上げてカウチになりました 笑)

ちなみに、ワンワールドエメラルドだと、エコノミーコンフォートが無料で指定できます。サファイアでは、エコノミー”以外”の事前座席指定が無料。

■ マリメッコのポーチとヘッドフォン

加えて、アメニティキットが入ったマリメッコのポーチとノイズキャンセリングのヘッドフォン付き。Wi-Fiも1時間無料(※後述)で、優先搭乗もついてくるエコノミーコンフォート。この追加料金はかなりお得かなと。

マリメッコのポーチはかわいいけど、作りはけっこう雑です。まぁ、記念品で。

A350だったので、シートモニターその他もまだきれい。ただ、IFE(機内エンターテイメント)のラインナップが、日本人的にちょっとイマイチ感。この辺、シンガポール航空は本当に素晴らしいと思う。

USBポートは、あります。スマホなど充電可。ただ、パソコン用電源が見当たらず、パソコンで仕事する気満々だったのに、バッテリーの持ちがイマイチなので2時間ぐらいでシャットダウン。

■ なんと機内Wi-Fiが使えなかった!

エコノミーコンフォートの場合、機内Wi-Fi1時間無料つき。

いざ接続してみたら・・・まったく繋がらず。客室乗務員に聞いても、「電波が弱くて、そのうち」と。その口調から、けっこう繋がらないっぽい。この点、残念だった。

■ 機内食はエコノミークラスと同じ。で、韓国といえば!

機内食は、エコノミークラスとまったく同じ。あ、先に配られるので、メインの好みが選べるのと、さっさと食べ終えてトイレへ空いているうちに行けるのもメリット。

最初の食事、メインは「ビーフかポーク」の2択。なぜ肉ばかり・・・と思いつつ、ビーフを頼むと、思いっきり「プルコギ」でした。しかも、キムチつき。マリメッコでなければ、大韓航空あたりと変わらないなぁ、と思いつつ。あ、コチュジャンはなかったけど。

と思ったら、到着前の食事に、コチュジャンが!


トマトソースのパスタに、コチュジャン?・・・と思ってまわりを見たら、韓国人は皆、チューブいっぱい使ってました。このパスタはけっこう美味しかった(コチュジャンは使わなかったけど)

パンの味は日系エアライン並みのパサパサ。韓国系もパンはイマイチな気がする。そこは、エールフランスを見習ってほしい・・

ドリンクの「ブルーベリー」のジュース、美味しかった。さすが、フィンランド。


コーヒーと紅茶の味は普通。紙コップが「マリメッコ」なだけで素敵に見えるのは、もうフィンエアーマジック。

【まとめ】

10,000円ちょっとなら、お得です。しかも、エコノミークラスの普通席がけっこう混んでいたので、エコノミーコンフォートにして、今回は大正解。

あと、フィンエアーが最も売りとする「10時間を切るフライト(飛行時間)」がラクだと、つくづく実感。人間、10時間を超えると1時間おきにツラくなる・・・ので、フィンエアーならエコノミークラスでもまだ大丈夫(だと思う)

新しい飛行機(A350)は、床もシートもトイレもきれい。快適です。

★今回のとてもお得だった航空券も「スカイスキャナー」で見つけました!





++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...