空港ホテル | パリCDG アクセス便利コスパ良し「ノボテル」 飛行機も見える!

フランス・パリのシャルル・ド・ゴール空港は、ヨーロッパ随一の巨大空港。空港および周辺にはたくさんのホテルが点在しています。

一番アクセスが良いホテルは、第2ターミナル直結の「シェラトン」。しかし便利なだけに、宿泊代金はかなり高い。

安いホテルはどうしても空港の周辺となり、第2ターミナルにある専用乗り場からホテルまで「シャトルバス」です。これも今まで何度も利用してきた経験から、いつ来るのか、けっこう微妙。

そこで、待つ時間が不安、もったいないといった方におすすめなのが、ターミナル間を走る「CDGVAL」(自動運転の地下鉄、無料)でアクセスできるホテル。

いくつかのホテルがある中、今回紹介するのが「ノボテル パリ シャルル ド ゴール エアポート」。実際に宿泊してきました。

各ターミナルから「CDGVAL」でアクセスできる

「ノボテル パリ シャルル ド ゴール エアポート」のメリット、まずは前述の通り「CDGVAL」でアクセスできること。

第1、第2、第3のそれぞれのターミナルに駅があり、誰でも無料で利用できます。その駅から徒歩1分で、ホテルに到着。駅にホテルへの案内があるので、迷うことはありません。「NOVOTEL」をまっしぐらに目指しましょう。

安心の「ノボテル」ブランド、快適で清潔

ノボテルは、フランスが拠点に世界中で展開する大手ホテルチェーン「アコーホテルズ」グループのビジネス向け高級ブランド。特に、フランスではおなじみです。

客室は1人だと広めで、シンプルなデザイン。清潔感がありました。エアコンはもちろん、Wi-Fiは無料、ドライヤーやバスアメニティもすべてちゃんと用意されていて安心。ノボテルはいつも無駄がないので利用しやすく、他の国でもけっこう気に入ってます。



ターミナル側の客室から飛行機が良く見える

「ノボテル パリ シャルル ド ゴール エアポート」でおすすめなのが、飛行機がよく見てる客室があること。フロントでぜひともリクエストを!

自分も「ターミナルがよく見える部屋で」とフロントで直訴 → 客室を調整してくれました。どのホテルでもそうですが、早い時間にチェックインしたほうが選べる客室が当然多いので、こういったリクエストは通りやすいですね。

客室の窓は、残念ながら開きません(空港ホテルによくあるパターン)

ただ、第2ターミナルと管制塔がきれいに見えるのと、目の前が滑走路。さすがシャルル・ド・ゴール空港で、飛行機が朝から夜までバンバン通ります。客室から飛行機がたくさん見られるのは、本当に楽しいです。

さすがノボテルなところ、しっかり防音対策もされ、夜中に音がうるさいこともなかったので、念のため。

パリ直行の鉄道駅、ロワシーバスの乗り場へも徒歩すぐ

「CGDVAL」の駅から近いと書きましたが、実は、鉄道駅とバスターミナルもその目の前にあるので、とても便利。

鉄道の「RER B線」に乗れば、パリ北駅やノートルダム寺院近くまで直通で行くことができます。また、空港とパリ中心部のオペラ座(オペラ・ガルニエ)を結ぶ「ロワシーバス」の乗り場も、駅のそば。

シャルルドゴール空港とパリ市内、けっこう距離があるので、毎日往復となると時間もコストもかかり、空港で仕事でもないと、とてもおすすめはできません。

翌朝の早い便でシャルル・ド・ゴール空港を発つなどの場合、パリ市内からロワシーバスか鉄道で空港へ向かい、このノボテルに泊まると、翌朝のターミナルへの移動がとてもラク。もちろん逆のパターンでも使えますので、ぜひ。

「ノボテル パリ シャルル ド ゴール エアポート」の気になるお値段、1泊1室15,000円~20,000円ほど。

空港周辺まで広げるともっと安いホテルはあるものの、”便利さ”を考えると、コストパフォーマンスは高いです。なにより、客室から飛行機ウォッチングができるのが、もう楽しすぎました(笑)

宿泊代金は日々変わります。TripAdvisorでは、「Booking.comAgoda」「Expedia」など主要なホテル予約サイトを”一括検索”ができますので、ぜひご活用ください。

<

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...