【搭乗レポ】 キャセイ「プレミアムエコノミー」 シートや機内食 詳しく解説 【2019年版】

エコノミークラスとビジネスクラスの中間にあたる搭乗クラス「プレミアムエコノミー」。時にありがたく搭乗しています。特に、長距離路線。エコノミークラスと比べると、身体が本当にラク。

いくつかのエアラインで乗ってきた中で、今回は、キャセイパシフィックで乗った時の搭乗レポです。※本記事は随時更新しています

【エアバスA350-900】

■ 搭乗路線:香港→ソウル仁川

2019年時点で、キャセイ最新の機材であり、最新のシートです。

・フットレストあり
・シートごとにPC電源、USBポートあり
・IFEモニターはスライド&タッチパネル
・テーブルは横から出すタイプ、大きめ
・ヘットフォンがノイズキャンセリング

日本路線にも最近多く投入されているシートです。さすがに新しいだけあり、シートのくたびれ感もなく、座り心地も抜群。シートピッチもさすがプレエコで、十分な広さでした。

悔やまれるのが、長距離路線ではなく、香港からソウルというたった3、4時間のフライトでの利用だったこと。すべての長距離路線に投入してほしいシートです。そのうち投入されるかな。

【ボーイング777-300ER / エアバスA330-300】

■ 搭乗路線:香港→シドニー、シドニー→香港、香港→ミラノ、大阪→香港など

キャセイの中では主力機材でありながら、シートやモニターはやや古めです。

・フットレストがあったりなかったり
・シートごとにUSBポートあり(PC電源見つけられず)
・IFEモニターはタッチパネル
・テーブルは横から出すタイプ。小さなサイドテーブルもあり
・ヘットフォンがノイズキャンセリング

A350の新シートのほうが断然良いです。長距離路線で乗ると、フットレストなしだと深夜便で一睡もできなかったことが何度も。

ちなみに、2014年にプレミアムエコノミーに乗った時の写真がこちら(↓) 5年経っても、今も同じシートです。この時はまだ新しいですね。

DSC_3755

USBポート。今も同じタイプ。ちょっと充電が遅かったので、電力少ないかも。下の物置きはちょっと便利。

DSC_3773

DSC_3756

ちなみに、IFE(機内エンターテイメント)の番組プログラムは、日系航空会社に及ばないまでも、ラインナップはそれなりに揃っています。「ボヘミアンラプソディー」や「万引き家族」などを観ました(2019年3月)

=====

■ プレミアムエコノミー限定「アメニティ」

プレミアムエコノミー、長距離路線では「アメニティ」が提供されます。「歯ブラシ」「アイマスク」「靴下」など。ビジネスクラスと比べると最低限のアイテム。

ポーチがかわいいです。ANAとJALのプレミアムエコノミーではポーチがないので、もらえるとやはりうれしいです。行きも帰りも同じデザインだったので、今はこのデザイン1択かな。

ちなみに、「枕」はやや大きめ、「ブランケット」も布団のようなフカフカタイプがちゃんとビニール袋に入って置いてありました(←これ重要)

■ プレミアムエコノミーの機内食

機内食、エコノミーとまったく同じです。アルコールが飲めないので、エコノミーとの差は不明なものの、ソフトドリンクに限ると、エコノミーと同じという感じ。

デザートも同じ、ムーベンピックのアイスクリーム。プレミアムエコノミーがチョコレート、エコノミーがストロベリーという微妙な差はあったけれども(苦笑)

以前、長距離路線限定で、間食として日清の「カップ麺」があったのだけれど、シドニー線では見かけず(2019年3月)

■ 優先チェックイン、優先搭乗

エコノミーとは異なるチェックインカウンター、搭乗レーンがあります。これは便利。

■ マイル

プレミアムエコノミーの最安運賃で、JALのマイルが70%貯まります。キャセイの「マルコポーロクラブ」だと100%以上。

=====

【まとめ】

結論としては、日系2社と比べると「運賃が安い分、ちょっと劣る部分があるな」と感じた一方、優先搭乗やアメニティのポーチなど日系航空会社にないサービスも。

ただ、日系ほか大手航空会社と比べると、けっこう安いキャセイのプレエコ。特に繁忙期など、エコノミークラス並みの運賃で乗れてしまうのはいつもありがたいです。





++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...