シドニー空港 【プライオリティパス】でステーキ! レストラン「mach2」訪問

日本からの直行便も多い、オーストラリア・シドニー国際空港。国際線ターミナルで【プライオリティパス】で利用できるラウンジは実はなく、その代わりにいくつかのレストランが利用できます。

■ Better Burger
■ Chicken Confidential ※一般エリア
■ Mach2 ※一般エリア
■ Peroni Bar

今回の利用航空会社はキャセイだったので、カンタスビジネスラウンジが利用できるものの、行きのフライトでの利用で「ごはんイマイチ」と知ってしまったので予定変更、プライオリティパスで使えるレストランを利用してみることにしました。せっかく持ってるんだし。

選択肢としては「バーガー」「イタリアン」の二択という感じ。フライトまで時間があったので、一般エリアにあるレストラン「mach2」に行ってみました。

混んでいたら入場制限されるとプライオリティパスの公式サイトに書いてはいたものの、空いてました。その空き具合から「大丈夫か?」と不安になったけれど、プライオリティパスで36オーストラリアドル(3,000円弱)が実質無料なので、たとえ不味くても後悔しない(笑)

プライオリティパスでは、フードもドリンク(アルコール類含む)もすべて含めて36オーストラリアドルまで無料。もし足らなければ追加は現金かカードで支払います。といっても、レストランで今まで利用できる範囲以上を支払ったこと、ないです。アルコール類を飲まないので、あれこれ飲み食いしても3,000円弱もいかない。

メニューを見ると、意外と高かった。パスタが30オーストラリアドル前後、サラダが単品で20オーストラリアドル前後。ドリンクを追加するとちょっとギリギリ。

そこでふと見つけたのが「サーロイン」(40オーストラリアドル)で、つまりステーキ。

オーストラリアといえば、オージービーフ、ステーキ。実は前日のランチでも食べたのだけれど、日本でそんな食べる機会なかなかないし、あとたった4オーストラリアドルを支払えば食べられると思えば安い! ちょうど帰国前で小銭が余っていたし!

オーダーして10分ほどで運ばれてきました。250グラムのオージービーフのステーキ。ポテト、ベーコン、トマト付き。緑野菜がないのが健康的にちょっと引っかかったけれど(笑)それはあとでカンタスラウンジや機内食で食べればよい!

ペッパーがかかっていたけれど決して辛くもなく、そのまま食べても肉汁がジュワ~という感じで。ちょっと味付けが欲しい時はマスタードを付けて食べても美味しかったです。完食。

このレストラン、シンプルなのだけど、壁に飛行機のレトロな写真が飾ってあったのも、けっこう楽しかったです。待つ間にいろいろ眺めていました。飛行機のレトロな写真、大好き♪

朝ごはん時間帯だとメニューが違って、エッグベネディクトなどもある模様。スイーツも美味しそうだったので、コーヒーなどどスイーツという利用もありかなと思いました。電源はなさげ、Wi-Fiはあり(シドニー空港のフリーWi-Fi)

他のレストランも気になったけれど、カンタスラウンジも行かなきゃで、次のシドニー訪問時にでもリベンジします。

航空会社ラウンジだからごはんが豪華、ということは決してないです。空港によってはレストランも利用できる【プライオリティパス】はやはり手放せない存在。もちろんLCCに乗る時もラウンジやレストランなどが利用できるので、ぜひ☆





++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...