飛行機 「欠航」が決まるタイミングは? 国際線やLCCも 【実体験レポ】

飛行機には「欠航」がつきもの、というぐらい、
欠航や大幅遅延は、ずっと気を付けていても、
けっこう起こり得ます。何度も遭遇・・・

ただ、飛行機の欠航は、突然起こる場合や、
事前に知らされている場合、利用者として、
「欠航するだろうな・・・」と、おおよそ、
予測できることもあります。

これ、覚えておいて損はないです。

>> スカイスキャナーで航空券比較検索

【1】「台風」「大雪」「霧」など悪天候の場合

まず、台風や大雪といった、悪天候の場合。

台風は夏から秋にかけ、大雪は冬によく起こり、
飛行機の便は大きく影響を受けます。
濃霧で欠航、もあります。

悪天候の欠航は、天気予報に基づきます。
「欠航」の発表は直前。
前日の夕方に発表が多いです。

ただ、数日前から、欠航という発表ではなく、
「航空券の特別な取り扱い」といったふうな、
案内が、公式サイトなどに掲載されます。

この「航空券の特別な取り扱い」が出されると、
どの航空券、払い戻し不可のチケットであっても、
便の変更や全額払い戻しが可能になります。
出される前だと通常の払い戻し規定になるので、
要注意。

【2】「地震」などが突如起きた場合

地震は、予測不能です。
当然ながら突然、起こる。

大きな地震が起きたら、空港は、滑走路の点検が入り、
しばらく便の離発着が停止します。
便が遅れるならまだ良く、欠航になる場合も多々。

欠航の決定は、発生直後でなく、たいてい数時間後。

地震の規模によって「欠航かも・・・」というのは、
頭の隅に入れて、現地等で情報収集を怠りなく。

【3】機材繰り、乗員繰り・・・などの場合

「機材繰りのため」「乗員繰りのため」という理由で、
飛行機の便が欠航することがあります。

実はこれもおおよそ予測ができて、例えば国内線だと、
日本のどこかで大きな災害や事件が起きた場合、
飛行機の通常運航がそこでストップしますから、
後の便に必ず影響してきます。
飛行機は、到着後1時間程度とやや短時間で折り返すため、
後ろにどんどん遅れが出て、最悪、欠航する流れ。

飛行機が壊れた、という理由もあります。
エンジン不調とか。

機材繰りなどの欠航はタイミングがバラバラです。
まぁ、機材が到着していないと危ないのだけれど・・・

以前、突然、欠航のメールがJALから届いたタイミング、
18時30分発の羽田発伊丹行きで、14時過ぎでした。
北海道で地震が起きたことによる「機材繰り」が原因で、
自分が乗るはずの機材は福岡便となっていました・・・
ANAへ振り替えようとしたら同じこと考える人多数でNG、
結局、前便の空席待ちをしてなんとか乗りましたが。

なお、災害等で、乗務員が集まらないための欠航もあります。
人数がそろわないと、飛行機は当然、運航できません。

これらの欠航理由は通常「自社都合」のため、自然災害と異なり、
ANAからJALといった「他社振替」が可能です。

【4】「国際線」の場合は? 国際線と異なる事情

国際線の欠航は、国内線とは若干異なります。

まず、国内線よりも、国際線のほうが欠航しにくい。
国内線は陸路という代替手段があったり、1日に何便も飛んでいたり、
代わりがあるのと違い、国際線は1日1便というケースがザラで、
いったん欠航すると、折り返し便もそのまま欠航となるため、
乗れない人が増えてしまうのも、理由の1つ。
やや無理がある状況でも国際線は飛ぶということ多いです。

あと、台風などだと、台風の通過を避け、大幅に遅延させて、
飛ばすことも。他の天候不良の時も、です。

なお、「欠航しにくい」航空会社も、存在します。
例えば、中国やロシアの航空会社。
パイロットの軍人上がりが多く、悪天候にも強いからと、
何としてでも運航する使命感が強いとかなんとか。

【5】LCC(格安航空会社)は欠航しやすいってホント?

台風や大雪などで滑走路が閉鎖される事態だと、大手もLCCも、
条件は同じです。
欠航を発表するタイミングは、大手航空会社とほぼ変わりません。

ただ、LCCはある意味、すぐに欠航するのも、本当。

LCCで最も厄介なのが、欠航時の振替です。
自社便のみの振替か、全額返金。
しかし、翌日以降の自社便が満席で、数日は振替不可、
ということも起こり得ます。

まとめ。欠航の発表を待ってから動いては遅い!

飛行機の便の、欠航を発表するタイミングは「直前」です。
ただ、おおよそ「欠航するだろう」と予測することはできます。

欠航の発表を待ってから動いては、もう遅いです。
代替手段、新幹線なども即埋まります。

台風や大雪などは、あらかじめ予測が可能です。
天気予報をにらめっこ、払い戻しのタイミングを見計らいつつ、
早め、早めに動いて、自ら決断してください。

>> お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』



You may also like...