LCC「ジェットスター」 ”ちゃっかりPlus”オプション追加がおすすめな理由

LCC、「手荷物」は最初の航空券を買う時に、
まず付けておいたほうがやっぱりお得だね、
という話です。

ある日の那覇出張、行きはスカイマーク、
帰りはジェットスターでした。

出発直前でも安いことが多い「LCC」

ジェットスターは「LCC」(格安航空会社)です。

航空券の運賃は、大手航空会社に比べると、
ものすごく(!)安いこと、多々あります。
特に、セールの時。

一方、カウンターで預ける荷物(受託手荷物)、
事前座席指定、機内食などはすべて「有料」。

今回、大阪-那覇、数日前の購入だったのに、
片道6,000円ほど(諸税別)

ちなみに、ANAやJJALなどだと、株主優待券を使っても、
25,000円超・・・高っ。
特にセール期でなくても安いLCC、本当にありがたい限り!

基本運賃に追加する「ちゃっかりPlus」とは?

今回、受託手荷物や事前座席指定(※)ができる、
「ちゃっかりPlus」(2,000円~)が付く、
「Starter Plus」運賃を購入。
※スタンダードシートのみ

その他諸々の手数料も込みだと、8,000円超え。

最初に、額面で6,000円とか見てしまうと、
やや高くなってしまった印象はあっても、
大手に比べるとまだぜんぜん安い!

ジェットスターのオプション料金について、
詳しくはこちら(↓)

ジェットスター オプションセット

「ちゃっかりPlus」で一番良かったのが”荷物”

このちゃっかりPlus、実際に追加して乗ってみると、
かなり良かった!!!

まず、機内に持ち込まないといけない荷物(カメラ機材など)が、
すでに5、6kg分はあったので、ジェットスターの場合、
機内に持ち込めるのが「合計7kg以内」であると考えると、
貴重品以外はすべて、スーツケースに放り込んで、
預けないといけません。

ジェットスターを含め、LCC、当日に空港で預けるとなると、
追加料金がとっても!高いので、先に支払っておいたほうが、
かなりお得なのです。

ちゃっかりPlusだと、国内線の受託手荷物は10kgまで無料。
(国際線は20kgまで無料)

ただ結果的に、預けたスーツケースの重さ、
たった6kgしかなかったわけだけれど。
(カメラ機材持ちあるある話)

「ちゃっかりPlus」は機内で使える500円バウチャー付き!

そして、フライトが2時間、しかも人気路線だと、
座席を事前に指定できたほうがやはり良いです。
当然ながら窓側の席、確保。

dsc_0883

実は、機内で温かいドリンクをいただきました。
ワゴンが回ってきて、自分の名前が呼ばれてビックリ。

ただ、まわりをしばし観察しても、もらっている気配なく、
ちゃっかりPlusなどを追加している人、ほぼ皆無。
沖縄だと、重いお土産などがそんなにないからか・・・

札幌のほうがこのオプション料金、重宝するかもな。
(新千歳空港がお土産の宝庫で危険すぎる!)

「ちゃっかりPlus」は変更も無料、欠航遅延見舞金も!

ほかに、予約日時と氏名の変更手数料が無料(差額は支払い要)、
欠航や6時間以上遅延した場合に10,000円のお見舞金も。
これもLCCだとより安心感が大きいです。

結論。旅での「LCCの心配事」が一掃されます。おすすめ!

実はなによりもメリットは、楽しい旅の最中での、
“飛行機(LCC)のよくある心配ごと”アレコレが、
ほぼ解決することではないかと。

例を挙げると。

「荷物制限を空港でオーバーしたらどうしよう」
「座席が3列シートのど真ん中だったらイヤだな」
「欠航や大きく遅れてもなんの補償もないなんて」

今回はLCCであっても、空港に向かうのになにより気持ちがラク、
すごくラクでした。

LCCも使い方次第、です。



You may also like...