関空の機内食レストラン「レジェンド・オブ・コンコルド」が閉店

関空展望ホールにあるレストラン「レジェンド・オブ・コンコルド」は、
世界的にも珍しい「地上で機内食が食べられるレストラン」として、
知られた存在でした。

しかし、2019年12月25日を最後に、閉店・・・
取材そしてプライベートで何度も行ったことがある場所だけに、
とても悲しいです (T T)

閉店間際の12月24日のクリスマスイブ、最後に行ってきました。

やや高めの機内食以外にも、カレーなどのメニューもある中で、
今回は最後なので、機内食をオーダー。

フリードリンクを付けて2,000円。
(KIX-ITMカード割引で1,900円)

最近よく機内でも食べている機内食が、地上でも食べられるのは、
毎回テンションが上がりました。

関空内の機内食工場が手掛けているので、内容はけっこう、
本格的だったんですよね。味も。

カウンター席から、空港と飛行機を眺めながら食べるのは、
最高のひと時でした。ずっと座っていても飽きない。

夜ももちろんきれいでしたよ~。

店名に「コンコルド」がある通り、店内もコンコルドだらけ。
コンコルドの最終目的地が関空だったため、レストラン名として、
長年使われてきたとのこと。

関空にコンコルドが来たのは子どものころ、テレビで、
見た記憶があります。生で見たかったです。

コンコルド自体は最近よく実機を見てます。
トゥールーズ、シアトル、ヒースロー、パリCDG・・・

懐かしい飛行機のモデルプレーンも並んでいました。

「ノースウエスト航空」は懐かしい。
4回目の海外、初めてアメリカへ行ったのは、関空から、
この機体で、デトロイト経由でした。
その後も、アメリカ行きで、何度か乗りました。

このレストランの場所、今後どうなるのか、まだ未定のようです。
眺めが最高なので、有効活用して欲しいです。



You may also like...