シンガポール・チャンギ空港 シンガポール航空「シルバークリスラウンジ」(ターミナル2)

シンガポール・チャンギ空港の、数多あるラウンジの中で、
ここが一番で間違いないでしょう。

シンガポール航空の「シルバークリス・ラウンジ」は、
ターミナル2とターミナル3にあります。

今回は、ターミナル2で利用した感想などを・・・

>> スカイスキャナーで航空券比較検索

【目次】

1. 「シルバークリス・ラウンジ」の利用基準
2. 「シルバークリス・ラウンジ」にある軽食を食べてみた
3. 「シルバークリス・ラウンジ」の紅茶が!
4. 「シルバークリス・ラウンジ」の居心地は?
【まとめ】ビジネスパーソンのための場所、客層も良い

1. 「シルバークリス・ラウンジ」の利用基準

まず知っておきたいのが、シンガポール航空のラウンジには、
大きく「2種類」あること。

「シルバークリス・ラウンジ」「クリスフライヤー・ゴールドラウンジ」です。

■ シルバークリス・ラウンジ
ビジネスクラス/ファーストクラスの搭乗客
(ANAダイヤモンド会員含む)

■ クリスフライヤー・ゴールドラウンジ
スターアライアンス・ゴールド会員(SFC含む)で、
プレミアムエコノミー/エコノミーの搭乗客。

つまり、ANAプラチナやSFCだけれど、エコノミーだと、
下のラウンジとなり、シルバークリス・ラウンジは、
利用不可。なかなかシビアな世界です。

シルバークリス・ラウンジは「ファースト」も別にあります。
例えば、ANAのダイヤモンド会員でビジネスクラス搭乗客は、
ファースト。

2. 「シルバークリス・ラウンジ」にある軽食を食べてみた

軽食が置いてありました。ホットミールや、
シンガポールの名物料理なども。

ダイニングスペースの前にテーブルがあり、そこで、
食事を食べるのが良いです。

間違っても、ソファに持って行って食べる・・・
という雰囲気ではなかったです。ここは(後述)

スイーツが並んでいるのすら、美しく見えるのは、
「SQマジック」でしょうか・・・
いただきました。美味しかった!

3. 「シルバークリス・ラウンジ」の紅茶が!

シンガポール航空のラウンジ、何が素晴らしいかというと、
紅茶のティーバッグが「TWG」であること!!!

飲み放題です。紅茶好き、もうたまりませんでした。
しかも、種類も豊富。ただただ感動。

マグカップ、どこのブランドかなと思ったものの、
特になかったです(苦笑)

いやでも間違いなく高級ブランドでしょう・・・
なんといっても、シンガポール航空です。

4. 「シルバークリス・ラウンジ」の居心地は?

ダイニングスペースとソファのスペースが、
さっくりと分かれていて、寛げる雰囲気。

シックなデザイン、高級感ありました。

ステータスがあってもエコノミーだと利用できないので、
ビジネスでも「客層」が違う気がしました。
まさに、ビジネスパーソンばかり、という感じで。

ちなみに、シャワーはあります。
利用していないのだけれど、かなり良いようです。
「クリスフライヤー~」のほうは、シャワーがないと、
聞いています。今度行ってみないと。

【まとめ】ビジネスパーソンのための場所、客層も良い

実は、中国国際航空のビジネスクラスに搭乗した際、
中国国際航空はターミナル1、こちらはターミナル2で、
制限エリア内で、別件の用事もちょっとあったので、
シャトルトレインでターミナル移動してきました。

SQでなくても、利用できるのかな・・・と、恐る恐る、
搭乗券を受付で出してみたら「Welcome!」と、
全然OKで、ちょっと拍子抜け。いやでもよかった。

先に書いた通り、エコノミーだと利用できないからか、
客層が、サクララウンジあたりと違いました。
ちょっとピリピリというか、よく言えば洗練されて、
大人の空間でした。

・・・という中でも、キッズメニューがあったので、
子どももOKなんですね、ここ。

しかし、けっこう最近、増えてます。
ラウンジをあえて分けるケース。
「マナー」の問題なのだろうなとは思う、おそらく。

ターミナル3のほうのラウンジも、また機会あれば、
利用してきます。
チャンギ空港はホント、ラウンジが多い!

>> 世界No.1の空港ラウンジサービス【PriorityPass】



You may also like...