空港ホテル | セントレアのカプセルホテル「TUBE Sq」宿泊記

中部国際空港(セントレア)のターミナル内に、2017年春にオープンしたカプセルホテル「TUBE Sq」を初めて利用しました。率直な感想、「良かった!!!」です。これはリピートしそうな予感も。

セントレアでの飛行機撮影のための利用です。とにかく「ターミナル内」にあるから移動がまず便利。スカイデッキは4F、ここは1Fだけど、チェックインカウンターが並ぶ3Fからエスカレーターもしくはエレベーターで降りたらすぐ。セントレアホテル、コンフォートホテルにも泊まったことがあるけれど、移動時間的にはここが間違いなく「最短」です。

しかも、近くに24時間営業「ローソン」があるのも便利。食事もターミナル内にいくつもあるので、問題なしです。

男性フロア、女性フロアと分かれています。別々の入口を入るとロッカーがズラーっと並んでいて、そのロッカーには通常サイズのスーツケースが入ります(入らなければフロントで預かってくれる)。同じフロアにシャワーやトイレ、さらに奥にカプセルが並んでいます。

部屋着、タオル(大・小)、使い捨てスリッパが支給され、歯ブラシやブラシなども無料。洗面台にはクレンジング、洗顔料、化粧水、乳液が揃っていて、シャワーにはシャンプーやコンディショナーもあり。女性フロアには「ヘアアイロン」までありました。自前の化粧道具さえあれば、あとは手ぶらでなんとでもなりそう。

ごく普通のカプセルかと。成田空港の「ナインアワーズ」と似ているかなとも。カプセルは施錠できないので、ちょっと出て行く時など、貴重品はフロントに預けるか鍵付きのロッカーに入れたほうが安心です。

【参考】 空港ホテル | 成田空港 宿泊も仮眠もできる「ナインアワーズ」

泊まった日は空いていたので「音」はあまり気にならず。音に敏感な人は、カプセルホテルそのものが厳しいかと・・・でも「女性オンリー」なので、その辺はビジネスホテルなどより使いやすいかと。

カプセルの広さ、自分の体格的には問題なし。マットレスがあの「フランスベッド」とコラボレーションしたようで、確かに自宅よりも(笑) 寝心地はなかなか良かったです。コンセントの穴も2つあったので、スマホとカメラのバッテリーを同時に充電できたのも便利で。

強風と極寒の撮影で疲れ、夜11時過ぎに寝落ちし、夜中に2度トイレで起きた以外、なんと朝7時半まで爆睡。寝られるカプセル、これも大事!

カプセルホテルのデメリット、窓がないので夜か朝か分からないのが要注意ですね。アラームもかけづらいし。ここで鳴っている気配はなかったものの、以前、ファーストキャビンに泊まった時は早朝からあちこちで鳴ってて・・・この辺のマナー、実際どうなのかな?

ちなみに、荷物はチェックアウト後、18時まで預かってくれます。チェックイン前の荷物も預かってくれるので便利です。いずれも無料。

宿泊、税込5,180円でした。今までセントレアホテル、コンフォートホテルに泊まってきたけれど、この日はダントツに安かった。他のホテルがこの辺りの値段になることはまずないし、オープン1年以内だからまだきれい。そして、ターミナル内での移動を考えると、ここはコスパ良しかと思います。

【参考】 空港ホテル | 中部空港直結「セントレアホテル」に宿泊

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい