【エジプト】 ナイル川クルーズ船 旅行記 ~ 客室・食事・過ごし方

エジプト周遊ツアーで必ずといって良いほど入っている「ナイル川クルーズ船」

ルクソール~エドフ~アスワンの超定番ルート。合計4泊しました。その滞在した実体験レポートです。

【2018年8月発売!】

ナイル川クルーズ船へ乗船、なんと日本人のみ!

まず、ルクソール神殿からちょっと北にあるクルーズ船乗り場から乗船。

クルーズ船乗り場まで、ツアーのバスが連れて行ってくれました。滞在したのは「アル・カヒーラ」という船。

横にもいろいろな船がくっついて停泊していて、停まっている時は船の内部で隣り同士の船に行き来ができます。

この船、利用客は日本人ツアーのみ、つまり「日本人独占」

これが良いのか悪いのか微妙なところ。ツアーの方々は日本人だけのほうが安心そうではあったけれど、旅慣れたこちら側としては、異国情緒ゼロなわけで、ちょっとつまらなかった(苦笑)

また、船は全館禁煙ではなく。隣の船は欧米人の客のみ、当然ながら全館禁煙で、空気がとても澄んでいてきれいでした。どの船もデッキ以外全館禁煙にすべき・・すごく煙たいということはなかったけれど、エジプトも日本もやはり遅れてる。

クルーズ船の客室、水回りその他に期待は禁物

客室はちゃんとしたホテルのようでした、いちおう。

おそらく一番安いツアー客だった我々の客室、なんと水面のすぐ上。つまり、窓の外はすぐ海面! みたいな、タイタニック号だと即、水が入ってくる場所です。思わず笑いました。

窓は開けられないし、バルコニーもないので、寝る以外は部屋に一切いなかった。でも、エンジンの近くの部屋が一番うるさくてハズレだったと、あとで聞きました。確かにうるさそう。

これでいちおう5つ星レベルです。

シャワーと洗面台、冷蔵庫、セキュリティボックス、エアコンなど一通りは揃っています。ただ、あくまで「エジプトクオリティ」なので、水回りなどはかなりイマイチ。セキュリティボックスも壊れていて、フロントに訴えると即・交換に。

あと、妙なニオイもしたので、外のスーパーで買った芳香剤を部屋中にばら撒きました(ただ、強烈に効き過ぎ、バラの香りが廊下まで広がってしまい・・・ごめんなさい!)

3食すべて船内のレストラン、日本食まである!

ナイル川クルーズ船の滞在中、食事は朝・昼・晩すべて、船内のレストランで。ここが朝昼晩、日本人で埋まりました(苦笑)

朝食は朝6時半から、というと皆さん、朝6時ぐらいから前で並んで待っているんですよね。お年寄りは本当に朝が早い。その代わり、夜9時を過ぎたら、船の中がシーンと静まり返っていた。いやはや。

レストランの食事は、こんな感じ。朝昼晩ほぼすべて、ブッフェ。見た目以上に、味はかなりイマイチでした。

日本人のツアー向けに作られているのか、味もとにかく薄すぎる。最初の食事で飽きました。

しかも毎朝、謎の「日本食」もあり、味はまぁイマイチなのに、これが日本人ツアー客には大人気。ナイル川の上で、日本食ですよ・・・日本人のツアーって未だにスゴいなぁと、改めてまぁ、なんだか。

なお、昼や夜に時間あれば、船を「脱走」して外に食べに行ってました。外のほうがエジプトらしい料理が、しかもかなり安く、美味しく食べられました。ルクソールで「マクドナルド」にも行き、こっちのほうがかなり美味しかったぐらい。これ本当の話。

誰にでも、その脱走はおすすめできません。ただ、相当に旅慣れている方、チャレンジしてみる価値ありです(ただし自己責任で!)

イスラムの国エジプト、アルコールは?

そうそう、「アルコール」の飲み物について。

エジプトはイスラム教の国なので、街なかでは飲めないものの、クルーズ船では飲めます。

ただ、びっくりするぐらい値段が高く、しかも「日本人観光客向け価格」です。

自分は一切呑まないので平気だったけど、ビールが好きな方々は禁断症状が出ていました。食事の時のミネラルウォーターも有料ですし、「エジプトはなんでも有料でタダ(無料)はない」と、これ、エジプト人ガイドの口グセ。

クルーズ船の移動中は船のデッキでまったり

クルーズ船でナイル川を南下する移動中は、船の屋上にある「デッキ」のソファに転がって本を読んだり、ただただボーッとしたり、ネットサーフィンをしたり、ツアーで一緒の方々と情報交換をしたり。これが至福の時間!

プールとスパもあったけど、プールしか水が入ってなかったのが謎。しかも、水が冷たかった。せっかく水着を持参していたのに、結局入らずでした。

ナイル川クルーズ船はWi-Fiあり、でも高すぎる!

なお、このナイル川クルーズ船、Wi-Fiもあったものの、これがまた日本人プライスで1日3,000円ぐらい?・・・はっきり言って、ボッタクリ。

だから、ネットに繋いでいる人、我々以外は皆無。1週間ネットなし、という人たちばかりで、お年寄りはこれでも平気なんだなーと。こちら、ルクソールの街で「SIM」を入手していたので、自分たちだけ外の世界と繋がっている状態でした。

(参考)【エジプト】ネット最新事情 – Wi-Fi / ルーター / SIM 旅行にどれが最適?

必要なものは日本から持参、トラブルは我慢せず訴える

あと、お土産を売るショップが船内にあったものの、コンビニなどはないので注意。

こまごましたものは日本から持参するか、けっこう旅慣れていて英語もできれば、どこかに停泊時に外へ買いに行ってください。

ナイル川のクルーズ船はいろいろあり、船によってはもっと快適なような気もします。ただ、自分が参加したのが「格安ツアー」なので、文句は言えません。これでも5つ星。

ただ、客室で例えば、なにか壊れてるとかは我慢せず、はっきり主張したほうが良いです。何泊もするので。

とにかく、船内なにもかも「有料」しかもボッタクリ価格。これは本当にご用心を。

【おすすめエジプト関連書籍】

   

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...