【エジプト】 ナイル川クルーズ船 ~ 部屋・食事・過ごし方

エジプト周遊ツアーで必ずといって良いほど入っている「ナイル川クルーズ船」。ルクソール~エドフ~アスワンの超定番ルートで、合計4泊しました。その滞在した実レポを。

まず、ルクソール神殿からちょっと北にあるクルーズ船乗り場から乗船しました。もちろんここまでツアーのバスが連れて行ってくれます。滞在したのは「アル・カヒーラ」という船。横にもいろいろな船がくっついて停泊していて、停まっている時は船の内部で隣り同士の船に行き来できます。

この船、利用客は日本人ツアーのみ、つまり「日本人独占」。これが良いのか悪いのか微妙で、ツアーの方々は日本人だけのほうが安心そうだったけど、こちらとしては「異国情緒ゼロ」なのでちょっとつまらなかった(苦笑)

船は全館禁煙ではなかったです。隣の船は欧米人の客だけだったからか、当然ながら全館禁煙で空気がとても澄んでいてきれい。どの船もデッキ以外全館禁煙にすべきです・・・すごく煙たいということはなかったけれど、エジプトやはり遅れてる。

客室はちゃんとしたホテルのようでした。おそらく一番安いツアーだったので、水面のすぐ上で、窓の外はすぐ海面! みたいな、タイタニック号だと即、水が入ってくる場所。窓は開けられないし、バルコニーもないので、寝る以外は部屋に一切おらず。でも、エンジンの近くの部屋が一番うるさくてハズレだったと、あとで聞きました。確かにうるさそうだ・・・

これでいちおう5つ星レベル。シャワーと洗面台、冷蔵庫、セキュリティボックス、エアコンなど一通りは揃っています。ただ、あくまで「エジプトクオリティ」なので、水回りなどはかなりイマイチ。セキュリティボックスも壊れていて、フロントに言うと交換となりました。あと、妙なニオイもして、外のスーパーに芳香剤を買いに走りました(強烈に効き過ぎ、バラの香りが廊下まで広がってしまいました・・・すみません)

食事はレストランで。こんな感じです。ここが朝昼晩、日本人で埋まりました(苦笑)

朝食は朝6時半から、というと皆さん、朝6時ぐらいから前で並んで待っているんですよ。お年寄りは本当に朝が早い・・・その代わり、夜9路を過ぎたら船の中シーンと静まり返ってましたね。上の階にあったバーでは有料だけど紅茶やコーヒーなどは飲めました。

食事はこんな感じ、朝昼晩ほぼすべてブッフェで、見た目以上に味はかなりイマイチ。日本人のツアー向けに作られているのか、味もとにかく薄すぎる。最初の食事で飽きました。毎朝、謎の「日本食」もあって、味はまぁイマイチなのに、これが日本人ツアー客には大人気でしたね。ナイル川の上で日本食・・・ツアーって未だにスゴいなぁと、改めてなんだか。

昼や夜に時間あれば、船を「脱走」して外に食べに行ってました。外のほうがエジプトらしい料理が、しかもかなり安く、美味しく食べられましたね。ルクソールで「マクドナルド」にも行きましたけど、こっちのほうが美味しかったぐらい、ホント。

そう、アルコール。エジプトはイスラム教の国なので、街なかでは飲めないものの、クルーズ船では飲めます。ただ、びっくりするぐらい高くて日本人プライス。自分は一切呑まないので平気だったけど、ビールが好きな方々は禁断症状が出てそうでした。食事の時のミネラルウォーターも有料、エジプトはなんでも有料。

午前中に遺跡めぐり、午後はクルーズ船で自由時間、というスケジュールでした。停泊中は、大手旅行会社のツアー客は「外に出るな」という通達が出ていたようだけど、こちらはエジプト人ガイドに断りを入れて外に出て行ってました。外のほうが普通のエジプトの物価だし、食事も美味しいし、人も良かったです。ツアーの外に出ないとエジプトの本当の良さはわからないなと、外でつくづく痛感。

移動中はデッキのソファに転がって本を読んだり、ボーッとしたり、ネットサーフィンをしたり、ツアーで一緒の方々と情報交換をしたり。プールとスパもあったけど、プールしか水が入ってなかったです(しかも冷たかったので水着持参したものの入らず)

クルーズ船、Wi-Fiもあったものの、これがまた日本人プライスで1日3,000円ぐらい?・・・はっきり言って、ボッタクリ。だから、ネットに繋いでいる人、いなかったです。1週間ネットなし、という人たちばかりで、お年寄りはこれでも平気なんだなーと。こちら、ルクソールの街で「SIM」を入手していたので、自分たちだけ外の世界と繋がっている状態でした。

あと、お土産を売るショップなどはあったものの、コンビニなどはなし。こまごましたものは日本から持参するか、けっこう旅慣れていて英語もできれば停泊時に外へ買いに行くかですね。

船によってはもっと快適なような気がしたけど、格安ツアーだから文句言えません。でも、部屋でなにか壊れてるとかは我慢せず、はっきり主張したほうが良いです。船内はなにもかも有料しかもボッタクリ価格なので、ご用心を。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...