東京・羽田空港 国際線「ANAラウンジ」を改めてレポしてみます 【2018年版】

ずっとワンワールドだったはずが最近、スターアライアンスによく乗っているうちに「ANAラウンジ」を利用することがけっこう増えています。

先日、伊丹から羽田経由でパリへの出張もANA便だったので、もれなくANAラウンジ。搭乗クラスが「プレミアムエコノミー」だと、ステータスが別にプラチナ以上でなくても、羽田のANAラウンジは利用できるのだなと、うっかり。

羽田インターのANAラウンジは2ヶ所あり、今回は「114番ゲート」に近いほうを利用。いつも利用するJALサクララウンジの、ちょうど下の階でした。入口は、他のANAラウンジと比べて、特に代わり映えせず。

ここにはスターウォーズ特別塗装機の巨大モデルプレーンはなかった、そういえば。

眺めも、サクララウンジの下だと、ほぼ同じような感じ。目の前に並ぶのがJAL機になってしまうのはどうしようもない(苦笑)

滑走路や第1ターミナルも見えます。ただやはり、1階上のサクララウンジのほうがよく見えるかなと。さらに上の、ヌードルバーがあるキャセイのラウンジも一度行ってみたいところ。

海外に出国する前はカレー、というのがいつの間にか出張族のお決まりになっている気がします。別にカレーでなくてよいとは思うものの、日系のラウンジはカレーがやはり美味しい。欲を言えば、JALのほうが美味しいとも思うのだけれど、ANAも頑張ってますね。

ANAラウンジにある「ヌードルバー」のメニューだと、カレーが今のところダントツな気がします。山菜そばも好きだけど。

朝だけ限定のメニューで「お茶漬け」をいただきました。明太子などをトッピング。

これが本当に美味しかった。別に朝だけでなく、夜だって提供すれば良いのに、と思ったほど。ANAさんぜひとも、全日提供のレギュラーメニューに・・・

あとは、サラダ、サンドイッチ、いなり寿司、フライドポテト、鶏の唐揚げ・・・といった感じで。この辺は普通レベル(というより、もうちょっとなんとかしてほしいところ)

スイーツも正直、特に絶品というわけではないのだけれど、この、ANA刻印入りのカフェボウル、お気に入りです。こういう航空会社ロゴに弱い(笑)

味は、特に温かいわけでなく、ごく普通。まぁ、今時の「インスタ映え」的には良し、飛行機好きにはたまらない、以上・・・みたいな感じ。

紅茶のブランドは、この時は「George Steuart Tea」でした。最近、ANAのラウンジが軒並み「JAF TEA」になってきたので、ここもすでに変わっていそう。ちなみに「JAF TEA」、スリランカ航空の公式ティーだとか。紅茶の国スリランカ、と考えると、ANA、けっこうおもしろいチョイスをしているなと(JALはディルマとフォートナムアンドメイソン)

午前中、欧米便とアジア便が一気に出発ラッシュにつき、ラウンジ内はけっこう混んでましたね。ちょっと人がいなくなった頃だと空いてきたので、昼頃はおそらくガラガラなのだろうなと。

あと、朝だからか、酔っぱらいはいません。これが夜になると、たくさんいそう。成田のANAラウンジ、酒盛り状態だったのでかなり騒々しかった・・・

結論として、今さらながらではあるものの、国内にあるANAラウンジではここがベストかなと。窓が大きくて明るい、飛行機がよく見えるロケーションはやはり良いです。



++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...