JAL 国内線 「+1000円」で国際線ビジネスクラスのシートに座る方法

blog_import_5621cc4675f12

近ごろ、どのエアラインも、国際線長距離便のビジネスクラス、
とても力を入れています。
シートのフルフラット、ほぼ個室化、豪華な機内食など、
エコノミークラスとの差は、どんどん広がるばかり。

といっても、欧米の往復で基本50万円以上もする運賃、
はっきり言って高い。

そのビジネスクラスに、国内線だけれど・・・
たった「+1000円」で乗ることができます。

JALの伊丹~成田のJL3002/JL3007。
この便、国際線長距離用のボーイング777-300ERです
※2018年現在、短中距離用の767-300ERに変更

■ ファーストクラス・・・国際線ファーストクラス
■ ビジネスクラス・・・国際線ビジネスクラス、← 国内線クラスJ 
■ プレミアムエコノミー・・・国際線プレミアムエコノミー、(普通席)
■ エコノミークラス・・・国際線エコノミークラス

つまり、国内線のクラスJ運賃で搭乗券を購入すると、
もれなくビジネスクラスのシートです。
事前座席指定も可能。

たった1時間20分のフライトながら、たった1000円なら、
乗ってみよう!という気になりますよね。

なお、機内サービスは、国際線とは異なります。
ドリンクメニュー、毛布や布団は国内線クラスJと同じ。
機内エンターテイメントや機内Wi-Fiサービスも利用できず。
ただ、シートはフルフラットにできます。

先日の搭乗で、前日からの疲れもあり、
シートを思い切り倒してフルフラットにし、
ゴロンと寝転がった途端に睡魔に襲われ、
シートベルト着用サインが点灯するまで爆睡。
これを国際線の長距離便でも乗れたら・・・(苦笑)

ちなみに、ANAの伊丹―成田も国際線機材です。
こちらも格安でビジネスクラスに座れます。

ANA 国内線普通席でビジネスクラス体験(成田-伊丹)



++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...