【JAL】 羽田深夜便で一路サンフランシスコへ!【搭乗レポ】(エコノミークラス) – 世界ソラ旅

【JAL】 羽田深夜便で一路サンフランシスコへ!【搭乗レポ】(エコノミークラス)

blog_import_5621cad6cc6d0-480x288

JALの「787」、昨年11月に乗りました。搭乗路線は、東京・羽田からアメリカ・サンフランシスコ。ANAの787は乗ったことがあっても、JALは初。実際に搭乗して感じたことをストレートに書いてみます。

■ JALの787は国際線のみ

blog_import_5621cad776c69-480x288

日本では、787といえばANA、のイメージが強いですが、世界的に見るとJALも積極的に787をどんどん導入しています。ただ、ANAとの大きな違いは、利用者の立場からすると、基本的に「国際線のみでの運航」であること。つまり、パスポートがないと乗れないので、ちょっとハードルが高いかも。※一部、国内線で運航されていることもあります、ただしとても少ない

自分が乗った787は、羽田発サンフランシスコ行きのJL2。俗にいう「深夜便」で、0時5分発。この路線、時期によっては787のキャパシティ(席数)だとすぐ満席になってしまう人気便です。また「JAL2便」、1桁便というのもなかなか感慨深い。サンフランシスコ→東京・羽田がJAL1便です。

■機内は大型機より狭いけど快適

blog_import_5621cad7ddc85-360x288

787、エコノミークラスの座席配、列は「2-4-2」。昨年12月から、777で先に導入された最新のシートが787にも導入されたので、これは古い型のシート。とはいえ、大手の日系航空会社なので、日本人的には座りやすい。エコノミークラスでも、座席ごとにUSB電源もあります。

ちなみに、自分は国内線や国際線の短距離路線だと窓側に座ることが多いですが、中長距離便になると「中央ブロックの通路側」です。理由は、窓に近いブロックよりも空いている確率が極めて高い、隣りの席が空くからです。プレミアムエコノミー以上の座席だととなりに人がいてもあまり気にならないですが、エコノミークラス、しかも10時間以上のフライトでは違います。

このフライト、運が良く、4席に自分1人だけ。シートベルト着用サインが消えてから座席の肘掛けをぜんぶ上げ、ゴロンと寝転がることができ、非常に快適なフライトになりました。無理して満席のビジネスクラスでなくてある意味、よかった(笑)

■ 肌が乾燥しない!機内の「湿度」が抜群に違う

「787、ぜひ長距離路線に乗ってください」――航空会社の女性CAさんによく言われていました。その理由、乗ってみて痛感。長いフライトだと肌がどうしても乾燥してしまうところ、787だとずっと肌のスベスベ感!!!

女性にやさしい787です。これからはほぼ同じ運賃なら、777や767でなく、787を間違いなく選びます。

■ 深夜便、ちゃんとした機内食は基本1回だけ

787に限らない話ですが、深夜便の機内食は基本1回です(エコノミークラスの場合)。通常は2回提供されますが、深夜便のため、離陸後しばらくして、日本時間の夜中1時、2時ごろにカロリーの高い機内食を出されても食べられない、という人が多いのが理由。ただ、自分のような飛行機好きからすると、機内食もヒコーキ旅の楽しみ。たった1回だけというのはちょっと損な気分にもなります。でも、仕方ない。

下の写真が、着陸前の朝食として提供された機内食。エコノミークラスでおなじみのメイン料理が入っているトレーに、ミネストローネ。さすがJALなだけあって、味のレベルは高かったですが、ミネストローネがこぼれかけていたのが残念。汁物は紙コップで十分です。

blog_import_5621cad86a1fb-480x288

関西ベースの自分にとって、JALの787は今までなかなか利用しづらかったのだけど、2015年3月から大阪・関西-ロサンゼルスの再就航は787、先日から関西-台北・桃園も787で運航されています。これから乗る機会も増えそうで、楽しみ。次は、ユナイテッドかエアカナダの787にチャレンジしたいです。

You may also like...