世界の空港スタバ | 台湾・高雄国際空港(国際線)

海外の空港に「スターバックス」があるか否かは、行く前に調べます。最近よく使っているのは、GoogleMap。現地のスターバックスのホームページだと、英語がないこともあるので、GoogleMapのほうが確実、しかも優秀。

高雄国際空港の規模だと、スターバックスがさてあるかどうか・・・だったのだけれど、さすが台湾、ありました。しかも、保安検査後でなく、保安検査前の一般エリアに。ありがたい。出発前日の空港探訪時に、利用してみました。

店舗の場所は、出発フロアでなく、到着フロア。近くに「全家(ファミリーマート)」もあったので、出国する人よりも到着する人のほうがよく利用するのかな。

ここ、利用したのが夜20時ぐらいで、到着便があまりない時間帯だったからか、店内はもちろん到着フロアもガラガラ。治安の悪い国だと夜でもあるし、いるだけで不安になるところだけれど、ここは台湾だからなんとなく安心感。

台湾のスターバックスは日本よりも「グッズ」が充実している、ということで、ご当地マグは高雄、そして台中と台湾がありました。台北も、台北のスターバックスにはもれなく置いてあります。台湾は日本とまったく違うラインナップなので、スタバ好きはぜひチェックを。

でも一番驚いたのは、AIRPORTマグ。よく見たら、台湾スペシャル版、と。もしかしたら、台北の松山空港や桃園国際空港のスターバックスにもあるかも。昨年に台北に来た時は見てないので、おそらく最近登場したのでは、と思います。

ちなみにお値段、450台湾ドル(約2,000円)で、決して安くはないスターバックス価格。

店内はいたって普通。ソファ席の下に電源があったので、iPhoneを充電しました。台湾のスターバックスも「スマホ大国」な韓国や中国同様、電源が日本よりも多い気がしますね。

ほとんど誰もいないほぼ貸し切り状態だったので、快適すぎてちょっと長居。1人分の座席確保すら大変な大阪や東京のスターバックスとえらい違いだわ・・・

店内の席も多め、ちなみに、店の外の到着エリアにもベンチがたくさんあるので、テイクアウトしてそこで飲むのもおすすめ。

さらに、上の階から国内線のターミナルに向かう途中の「展望エリア」には、飛行機が窓越しに眺められるカウンター席まであり、そこまで持っていくのも良いかなと。ここ、ガラス越しなのでガチの飛行機撮影は不向きだけど、日本人的にちょっと珍しい飛行機も飛んできます(FATとか)

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...