国際線 機内での長い時間、おすすめの過ごし方&お役立ちグッズ – 世界ソラ旅

国際線 機内での長い時間、おすすめの過ごし方&お役立ちグッズ

飛行機の機内で過ごす時間、国内線ならば短くて、
あっという間に到着する一方で、国際線では、
10時間以上乗り続けることも。

長時間、機内で過ごすのが苦痛、という方も、
多いかと思います。

毎年、国際線長距離便に何度も乗ってきた経験から、
機内での時間の上手な過ごし方、機内持ち込みで、
おすすめのグッズなどを紹介します。

>> スカイスキャナーで航空券比較検索

[toc]

機内で映画を観る。名作から最新作まで

自分が、機内で過ごすのに最も多いのが、
「映画」を観る、です。

機内では、過去の名作から最新作まで、
多くのラインナップが揃っています。
暗い機内、意外と観るのに集中できる。

特に、ANAやJALだと、いかにも日本人好みの、
映画や連続ドラマまであり、10時間フライト、
往復で観るのに時間が足らないことも!

ANAやJALでは、自分の便でどの作品が見られるか、
公式サイトで事前にチェックできます。

できれば、ヘッドフォンやイヤホンなどは、
持参したほうが、さらに楽しめます。
(特に、エコノミークラス!)

一方、外資系航空会社だと、日系航空会社より、
ラインナップという面でやや劣ります。

エミレーツ航空やシンガポール航空などは、
困らないものの、その他多くは、日本語対応してない、
作品が日本人好みではない、ということも。
作品を事前チェックできない場合もあるので、
その辺、ご覚悟を。

短距離、中距離の路線だと、個人モニターが、
ない場合もあります。
その時に備え、iPadなどのタブレット端末に、
映画などを入れておいて持参するのもおすすめ。

新規登録で1ヶ月ほど無料で映画など見放題の、
サービスがおすすめ(↓)
※海外でダウンロードできないので注意



ひたすら「寝る」に徹する

機内での時間を、睡眠時間にすると、現地に着いてから、
時間を有効活用できます。

ただ、しっかり睡眠するなら、空いているエコノミークラス、
または、ビジネスクラス以上でないと、非常に厳しいです。
空いているエコノミークラス、近年めったにありません。
機材が小型化してきているため。

エコノミークラスで、機内で少しでも快適に眠るため、
おすすめのグッズを、いくつかご紹介します。

あと、機内で眠るための「座席確保」も大事。
そのテクニックをいくつか。

■ 事前座席指定で、空いてそうな場所を確保
■ カウンターで、隣りがいるか聞いてみる
■ 前方より後方のほうが空きやすい(便による)
■ 窓側ブロックより中央ブロックの通路側座席
■ 家族や友人同士でも隣りに座らない
■ 機内での座席移動はベルト着用サイン消灯後

機内で仕事に没頭する

機内での時間を「仕事」をして過ごす人も、
けっこうおられます。

機内は、意外なほど集中できますし、最近、
飛行中に「Wi-Fi」が利用できる飛行機も、
増えてきました。

パソコンを開けての仕事は「電源確保」が大事。

USBポートしかない座席クラスだと、
よほど高性能でバッテリーが持続しないと、
電源切れとなっては、元の子もありません。

あと、ビジネスクラスであればほぼ問題ない一方、
満席のエコノミークラスでも、パソコン仕事は、
ほぼ無理。周りに配慮しなければなりません。

>> 海外行くなら!イモトのWiFi

本や雑誌を読む、ただし注意が必要

以前、飛行機の機内に、本や雑誌、持ち込んでました。
今ほど、映画のラインナップが充実していなかった頃。

最近あまり持ち込まないのは、機内持ち込み制限が、
厳しくなったからです。特に、LCC(格安航空会社)

持ち込むなら、文庫本を数冊程度。
あと、電子書籍が読める「Kindle」なら、
大量の書籍を端末に入れて持ち込めます。

雑誌は「楽天マガジン」がおすすめです。
自分も普段からずっと利用しています。

タブレット端末などに雑誌をダウンロードしておけば、
電波がない、機内などのオフラインであっても、
サクサク読むことができます。
雑誌のジャンルも多岐にわたっていて、飽きません!

ゲームをして過ごす

いつの間にか時間が経っていた、というなら、
「ゲーム」でしょう。

スマートフォンなどのゲームだと、オフラインだと、
遊べないことも多いので、ゲーム機を持ち込むのが、
おすすめです。

できれば、電源が利用できる座席だとベスト。

ゲームはやり過ぎると、身体に悪影響なので、
時々休憩するなどしましょう。

【まとめ】

個人的には「映画」「寝る」「読む」が基本で、
仕事は、搭乗前にほぼ済ませます。

というのも、飛行機に乗る=仕事、が多いので、
機内では、座席のチェック、機内食の撮影など、
けっこう忙しい、という事情がありまして。

映画などはホント、日系航空会社だと安心で、
欧米路線の往復でも全部見られないほどの作品が、
揃っていて、逆に、寝不足になったこと多々。
(ぜいたくすぎる悩み)

ビジネスクラス以上だと、「寝る」に、
徹するのが一番良いものの、金額的に、
もったいないなーとも、思います。
まだまだ乗りこなせてません(苦笑)

機内で過ごす時間を快適にするには、
「航空会社」「搭乗クラス」による、
といっても、決して過言ではないです。

LCCだとそもそも、機内で映画を観るなら、
タブレット端末を持ち込まないといけないし、
満席も多く、睡眠も至難の業ですから。

>> お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』



You may also like...