空港ホテル | オークランドの「イビス・バジェット」は徒歩圏内でモール隣接

今年5月に行ったニュージーランド・オークランド国際空港近くで泊まったホテルを紹介します。

オークランド国際空港に隣接するホテルでは、「ノボテル・オークランド・エアポート」が有名。高層階の空港側の客室だと飛行機がよく見えるとか。しかし、1泊3万円近くします。ニュージーランドは物価が高いとはいえ、ノボテルで3万円近く出すのは、さすがにちょっと。飛行機が見えるといっても窓は開かないし、その窓もどうも「色付きガラス」っぽい。

で、今回はやめて別のホテルを探したところ、空港の徒歩圏内にもう1軒ありました。「イビス・バジェット・オークランド・エアポート」。

ノボテルと同じ「アコーホテルズ」グループで、ノボテルの下のブランド「イビス」のさらに下の「イビス・バジェット」。バックパッカー向け宿かな・・・と見てみると、普通にベッドが部屋にあって、バスタブはないようだけどシャワーやトイレは共同でもなく部屋ごとにあるし、1泊9,000円ほどで空港からなんとか歩けそう、ということで泊まってみました。

予約は「Booking.com」で。アコーホテルズの会員なら直接、アコーホテルズ公式サイトから予約したほうが安いかも。



オークランド国際空港は、国内線と国際線のターミナルがそれぞれあって、徒歩10分ほど。ターミナル間のシャトルバスも走ってます。

今回、国内線ターミナルから歩きました。空港にも案内があり、途中にも地面に案内が。ただ、スーツケースを引っ張っていくとけっこう距離がある。国内線からで晴れていたからなんとか20分ぐらいで辿り着いたものの、国際線のターミナルから直接歩くのはかなり厳しいかと。

ちなみに、ホテルからは日本に帰る便=国際線ターミナルしかも早朝だったので、ホテル巡回バスを利用しました。5NZドル(空港発は6NZドル)。もっと節約したければ、ホテル近く停留所から路線バスで行く手段もあります(ただし上級者向け)駐車場は1泊無料とか。

客室。まだ新しく、シンプルなデザインで、これで十分です。シャワーなど水回りもまだまだ清潔で快適。冷蔵庫、ポット(ティーバッグ付き)、暖房もありました。当然ながら、全館禁煙。広さは2人だとちょっと狭いと感じるかも。

ただ、気をつけないといけないのが「Wi-Fi」が常時無料でないこと(2時間だけ無料) ニュージーランドは全般的にWi-Fi有料がほとんどです。あと、今回は利用しなかったけど、チェックイン前やチェックイン後の「荷物の預かり」も有料とか。朝食も有料。ドライヤーや毛布も部屋にはないけど、フロントで貸してもらえるようです。スリッパはなし。

ひとまず、部屋の設備は最低限、と考えるのが良いかと。壁がやや薄いので音にデリケートな人はツラいかも。ま、その分、宿泊料金も安いですから。

【持参したほうが良いもの】

スリッパ、歯ブラシ・歯磨き、シャンプー・リンス(簡易なものしかないので)、洗顔料、インターネットが繋がる端末やSIMなど、ドライヤー(できれば)、耳栓、ティッシュペーパー

客室からの眺め。窓は残念ながら全開しませんし、ガラスにほんのり色が付いていました。しかも、障害物なんか多め。

ここで飛行機を狙ってあれこれ格闘するより、国内線のターミナル近くにある駐車場の屋上(ただし長居はオススメしません)、もしくは滑走路の端にある展望スポットまでサッサと行きましょう。その展望スポットまで歩いていくと、30分ほどでした。カメラ2台、レンズ2本だとちょっとギリギリ。車だとたぶん10分ほど。

このホテルでなにが一番良かったかというと、ショッピングセンターが隣接していること。道路渡ってすぐ、徒歩30秒(笑)

ニュージーランドのスーパーマーケットチェーン「countdown」をはじめ、ケンタッキーフライドチキン、ホームセンター、ドラッグストアなどがあり、一通りなんでも揃います。朝食が有料なので、スーパーマーケットであらかじめ調達するのもアリ。

ここではないけれど、ドライブスルー付きの「マクドナルド」も徒歩10分ほどのところにあります。

ロビーでは自由に飲食できます、スーパーで買ってきた惣菜とか。ロビーに置いてあるお茶とコーヒーはセルフで無料。電子レンジもあります。あと、スタッフはとてもフレンドリーでした。

とにかく安く泊まりたい、でも、共同バス・トイレはちょっと、できれば清潔な方が良い・・・という人にオススメです。ニュージーランドはホテルが高めなので、1泊1万円以下はすごく貴重。ただ、ここを拠点にオークランドを観光するのは、空港が市内から離れているのもあってアクセス的に車がないとかなり厳しいです。空港を利用する前泊、後泊がやはり良いかと思います。

※他の方の評価などは「TripAdvisor (トリップアドバイザー)」もご参考に!



++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい