【搭乗レポ】ニュージーランド航空 オーストラリア便 運賃・機内食・手荷物(エコノミークラス)

オーストラリアとニュージーランド。

地図上で見ると、目と鼻の先、のようで、
意外と距離があるものの、両国間は、
多くの便があって「国内線」感覚。

でも、国際線なんです。
ちょっとややこしい。

今回、オーストラリアのシドニーと、
ニュージーランドの南島クィーンズタウンを、
飛行機で往復。
行きは、諸事情で、どうしてもカンタス航空に、
乗らなければならなかったわけで・・・

(参考)
カンタス航空 タスマン便 機内食やサービス(シドニー→クィーンズタウン)【搭乗レポ】

帰り、どうしようかなー、安ければいいや、と、
ジェットスター(本家)に乗ろうと調べたら、
ちょうどよい便がないし、意外と高い。

で、ニュージーランド航空にしました。
ちょっと高かったけど。

シドニー~クィーンズタウンの「運賃」は意外と高い

クィーンズタウン→シドニー、3時間ちょっと。
運賃は、片道30,000円超。

乗っている時間からすると、そんなもんかなーと思いつつ、
シドニーからちょっと行ってみようという感覚だったので、
高かった(ちなみに行きはバウチャー利用で半分タダ)
ジェットスターでも受託手荷物なしで25,000円ほどして、
LCCなのにそんなに安くないという。

オークランド線だと、もうちょっと安いはず。
クライストチャーチ線も1万円弱ほど、安かったので。

なぜ、運賃が安くなかったかというと・・・
「ベストシーズンだった」「リゾート地だった」「南島」
が、主な理由。
まぁその分、素晴らしい時期に行けたのだけれど。

>> スカイスキャナーで航空券比較検索

ニュージーランド航空のエチケット袋がおしゃれ!

南島のクィーンズタウン空港、「PBB」はなし、
全便で楽しい「徒歩での搭乗」となります。

使用機材は、同社おなじみ「エアバスA320」です。
国内線でもおなじみ、近距離の国際線でもこれ。
オークランド線になると「787」が多め。

「安全のしおり」はよく見ると、航空会社ごとに、
個性があって、なかなかおもしろいです。

ニュージーランド航空、さすがセンス良し。

エチケット袋、これはあまり個人的に、今まで、
まったく興味がなかったものの、コレクターの方がいて、
最近よく持って帰るようになってから、これもまた、
個性があるなーと、気づいた次第。

ニュージーランド航空なんかいっぱい書いてる(笑)
個人的には今のところNo.1デザイン、これです。

国際線A320は全席で個人モニター付き

座席シートごとにモニター付き!
(カンタス航空もあった)

ニュージーランド航空といえば「ホビット」シリーズも、
もれなくあったので、フライト中ずっと見てました。
最新映画もあって、これだけ国際線仕様。

もちろん、USBポートもあったので、スマホ充電も可。
あ、PC電源はなかったです。

座席は、全席エコノミークラスながら、実は、
シートピッチが、微妙に異なりました。

前方左側の一部座席のみ、通常席より4インチ広く、
ここを座席指定すると、別途料金が必要。

ただし、スターアライアンスゴールド会員は、
無料で指定できたんですよね。
ラッキーというかなんというか・・・
海外のほうが上級会員、大事にしてるなーと、
つくづく思います。

普通席で、4インチの差、けっこう大きいです。
オーストラリア人、大柄な人も多いですから。

「機内食」は基本有料、事前予約したら美味しかった

オーストラリア~ニュージーランドは「タスマン間」といい、
機内食は、ニュージーランド航空の場合、最安運賃だと、
無料では提供されません。

この機内食は、ちょっと高い運賃を買っていたので、
付いてきました。
まわりで食べているの、自分だけだったけれども・・・

ホットミールは、お肉と野菜、そしてポテト。
アイスクリームは、オークランド発で有名な、
「KAPITI」で、これが最高に美味しかった!
パンもモチモチで温かく。

ラウンジでも食べたのに、ここでも完食。

有料でわざわざオーダーするのもどうかと思いつつ、
レベルはかなり高かったです。頼んで正解!

何度でもリピートしたい!レベルの高さ再実感

個人モニターで「ホビット」鑑賞会だったので(笑)
3時間超のフライトもあっという間!
もっと乗っていてもよかったぐらい!

シドニーは、あいにくの天気。
着陸前に、オペラハウスが見えるアプローチコースは、
昔から同じですね。
(初めての海外がオーストラリアだった)

ニュージーランド航空に搭乗したのは、成田~オークランドと、
オークランド~ウェリントン以来。
当時も素晴らしいサービスで「また乗りたい!」と思って、
約2年ぶりに乗った結果、やはりレベルが高いのを実感。

乗務員がフレンドリーなのがなにより良いです。
笑顔に、ほっこり。

>> 【ニュージーランド航空公式】公式サイトなら最安価格保証

ANAのマイルを貯めたい時に注意!

ただ、帰国してから知った、衝撃の事実。

そこそこ高い運賃で、発券クラスから「ANAのマイルが付与」と、
確認して買ったはずなのに、いつまで経っても付かない。

で、ANAプラチナデスクにTELした結果・・・
「お客様のフライトは積算外です」と。

よく見たら、注意書きが。
タスマン、対象外・・・

ANA、マイル貯めるのホント厳しい、最近。

このフライトのマイルはユナイテッド航空へ。
UAはやさしいです。ありがたや。

>> お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』



You may also like...