飛行機”絶景”ラウンジ! 「TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港」利用体験レポ

福岡空港。ずっと工事中だった国内線ターミナルで、新しいレストランやショップが続々オープン中。

特に、展望デッキ。それはもう素晴らしい場所に、まさに”変貌”を遂げていて、初めて行った時はただただ感激レベル。コロナがなかったら、何度でも通いたいほど。

その展望デッキがあるフロア、国内線ターミナル3階で見つけた「CAFE LOUNGE」(↑)

カフェ、ラウンジ・・・?んっ、蔦屋書店?

>> 東京→福岡 11,000円? 国内格安航空券ならskyticket.jp

書店の奥を見ると、なにやらカフェらしきスペースを発見。

案内を見ると、ドリンクとスナックが提供されるラウンジと。利用料金「30分500円」で以後、30分ごとに500円ずつ追加。ちょっと高いな・・・と思いつつ、ひとまず”体験料”として利用してみることに。受付だけ済ませれば、精算は利用後。

スペースはこんな感じ(↑) さすが蔦屋書店で、シンプルながらもおしゃれ。

特に、カウンター席が、滑走路ビュー。まだ新しいので、ガラスもとてもきれい(笑) 空港利用者が少ない時期なのもあり、密にもならない間隔。座席は予約席以外はどこでも座れる、自由席でした。電源も多く、ラウンジ専用Wi-Fiも完備。

>> 1万円以内で国内航空券がみつかるエアトリ

ドリンクとスナックが、飲み放題と食べ放題。ドリンクは、コーヒーや紅茶、マンゴーなどのジュース。エナジードリンクみたいなスペシャルドリンクはなく、アルコールは別途500円。コーヒーは”コールドブリュー”も置いてあって、さすが、空港にあるカードラウンジやANAラウンジ/サクララウンジよりは上。

そして、スナックは、ピーナッツ類やプリッツェルがこのように(↑)いろいろ取り放題。ただ、シンプルな味があまりなく、たくさん食べられるものでもないので、1カップで終わり。

あと、クロワッサンやマドレーヌなども食べ放題。たぶん1個30円ぐらいのもの(笑)だけれど、無料なので2個食べました。味はごく普通。これも、空港のラウンジよりは(30分500円なだけあって)良いサービス。

蔦屋書店で販売されている本は、購入前だと持ち込み不可。その代わり、ラウンジ内の棚にある本は読み放題でした。特に「旅」に関する本が揃っているのが、さすが空港内の店舗。無料で閲覧できる新聞もあり。

ただ、30分は本当にあっという間。さらに30分であと500円追加されると思うと、さすがにもったいない気がして、棚からあれこれ見つけて読もうと思った本はほぼまったく読めず、とりあえず飲み食いだけして終わってしまったのが、返す返すも残念。

>> ANA・全日空で行く 格安国内ツアーはスカイツアーズ

【まとめ】

30分500円。ちょっと何か飲みたい、小腹を満たしたいというのであれば、空港内どの店舗でも最低そのぐらいの値段は余裕でするわけで、そう考えれば適正価格ではある。しかも、飛行機はよく見えるので、テンションが上がる。

ただ、1時間1000円だと、場所代と考えてもやや高い。1時間もあればホントのんびり過ごせると思うけれども。

あと、このスペースは「保安検査前エリア」にあるので、搭乗まで余裕がある人向け。時期によって、保安検査が混んでいることもあるため、出発便が控えている場合は早めに行動を。

TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港店



You may also like...