ソウル金浦空港 ラウンジ「SKY HUB LOUNGE」【プライオリティパス】利用

ソウルからの帰国は仁川でなく、金浦からでした(2019年3月)

金浦空港、以前はまるで雑居ビル(!)のようなとても国際空港の雰囲気ではなかったのが一転、今は出国審査場を抜けると、近代的なターミナルにリニューアルされていたのが、まず驚き。免税店も充実。もともとそれほど多くの便がない=大きくないターミナルなだけにコンパクトかつ必要最低限の施設もあり、ますます使いやすくなりました。

そして、アシアナラウンジに向かう途中、ラウンジ「SKY HUB LOUNGE」を発見。

搭乗までまだ時間があったし、【プライオリティパス】も持っていたので、初めて訪れてみました。

ラウンジ内部。けっこうこじんまりながら、ソファがあったり、テーブル席があったり、会議室やビジネスコーナーもありました。電源系もほぼ完備。ラウンジ専用Wi-Fiもあり。

夕方便の前だったのに空いていました。ラウンジ内にいたのは、日本人のみ。まぁ、ここは日本便が圧倒的に多いし。

ラウンジの外から内部は完全に見えない仕様で、プライバシーは守られている感じ。

窓はあるものの外の景色には遠いので、飛行機はあまりよく見えなかった点はやや残念。

軽食とドリンク、けっこうな豪華さ。ごはん、キムチ、韓国のり、サラダ、サンドイッチ、プルコギ、パン、デザート・・・温冷ともに充実。軽食のレベルをはるかに超えてました(笑)

ラウンジが空いているから、もはや取り放題。ドリンクもソフトドリンクが缶であって、水のペットボトルも置いてありました(←これは地味にうれしい)

韓国のラウンジにお決まりの、辛ラーメンのカップ麺も。

念のため、カップ麺は持って帰っちゃダメですよ。ラウンジ内の食べ物などはすべて持ち出し禁止。これは世界共通のことですので、ラウンジ内でのみ食べましょう。

プルコギとキムチ、韓国のり、ごはんなどを盛り合わせてみました。見た目以上にけっこう辛く、でも美味しかった!

なお、この後に行ったアシアナラウンジには、温かい軽食がまったくなかった(!) ここで食べておいてよかったと、あとでつくづく思った次第。航空会社ラウンジのほうがイマイチというパターンはちょっと珍しい。

お茶のティーバッグは、韓国系はまぁ、いつもこんなもんですね。

ハングルが読めないので意味が分からないのだけれど、リプトンのコピー商品みたいな。

ラウンジの奥で見つけました。「足マッサージ」への入口。

しかしこれは「有料」のようです。外からもネイル&マッサージのお店の入口がありました。ラウンジ利用者だから無料、というわけではないのでご注意を。

ちなみに、ラウンジ内にトイレ、シャワーの設備はなし。

【まとめ】

先に述べた通り、軽食のレベルが高い。アシアナラウンジより良い、おそらくKALラウンジよりも良いかなと。もしもプライオリティパスを持っていれば、いったんここに立ち寄るのがベストです。

ただ、ラウンジでの居心地はアシアナラウンジのほうが上。窓の外に飛行機や滑走路も見えます。ガッツリごはんはないけど(苦笑) ラウンジ内にトイレはあります。※金浦空港のアシアナラウンジはプライオリティパスでは利用不可

日韓路線は最近、機内食も簡素になってきたので、このラウンジで腹ごしらえができたのは大きかった。あってよかった【プライオリティパス】☆





++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...