飛行機「特割」「ビジネスきっぷ」 実はどちらが良い?(東京-大阪)

DSC_1779

またまた国内線、東京-大阪を往復で予約・購入しました。
今年さて何度目の東京出張か、もうパッと出てこない・・・
かれこれ15年以上この路線、乗り続けています。

今度の出張で取った航空券、以下の通す。

■ JAL●便 伊丹→羽田 特割
■ SFJ●便 羽田→関西 特割 ※ANAで購入

往復とも「特割」です。
個人的に、これは珍しいパターン。

通常、東京-大阪は「ビジネスきっぷ」で予約・購入しています。
今回、2便目がJAL最終便に間に合わず、別々購入で特割に。

特割は、簡単に言えば、片道で手軽に買える安い運賃。
ビジネスきっぷは、ANAカードやJALカードで予約・決済限定の運賃。

自分が15年以上乗り続けて思う、主なメリット・デメリットを挙げてみます。

【ビジネスきっぷ】

○ 予約した便の変更が何度でも「無料」で可能
○ マイルやフライトのポイントが「100%」で貯まる
△ JALもしくはANAカード決済のみ(電子マネーも不可)
× 特割より片道につき数千円高い
× 片道で買えない

【特割】

○ ビジネスきっぷより安い。往復だと4000円ほど浮くことも。
○ 片道から買える
× 予約変更不可、もし変更すると手数料がかかる
× マイルやフライポイントが「75%」しか貯まらない

ちなみに、航空券とホテルがセットになったツアー商品もあります。
これは、マイルなどの積算率がさらに少なく「50%」です。
安いけどデメリットも大きく、東京出張ではよほどでないと利用せず。

ANAカードやJALカードはクレジットカードなので、
持つのに躊躇する人もいるかも。

往復運賃、東京-大阪だとシャトル往復運賃もあります。
ビジネスきっぷよりもう少し高い、往復だと5000円ほどの差。
5000円だと予約変更不可の不便さなど我慢、安いほうを取ります。

—–

昔は、選ぶ運賃は「特割」ばかりでした。安いの一番!

気分によって、航空会社を変えてみたり、新幹線に乗ったり。
だから、東京出張の数はこなしても、上級会員にはたどり着けず。

数年前に一念発起、同じ航空会社を「一点集中」で乗り続けました。
時には、フライトのポイントがよく貯まる上のクラスに、
あえて乗ることで、上級会員になった経緯もあります。

ただ毎度、上のクラスばかり乗ると、予算的にかなり厳しい。
今は、普通席で100%貯まるビジネスきっぷに落ち着きました。
便の変更が何度でもできるのは、スケジュールの融通が利き、
精神的にもラク。元は十分取れています。

しかも、もし片道が新幹線や他の航空会社になっても、
3ヶ月以内なら使えます。
東京出張は月イチ必ずあるので、次に使える安心感も。

—–

ただ、地方路線になると、事情が大きく異なります。

新幹線やLCCと競合する路線以外だと、
大手の航空券自体がとても高い。
とにかく早めに航空券を確保したり、
ツアーを利用したりすることが多いです。



++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...