韓国行きは「大韓航空」が最強で便利 (大阪-ソウル金浦 / エコノミー) 【搭乗レポ】

今回の韓国出張は、大韓航空(KE)でした。
渡韓8回目にして、実は初めて。

DSC_8894

なかなか縁がなかった理由は「スカイチーム」だから。
そして、近年の大阪-ソウルは、日韓LCCが競合し、
値段そして時間を考えるとLCCで十分。

そんな中で敢えて(!)大韓航空に乗ってみて、
実際に感じたことなどをレポします。

>> お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

【目次】

1. 空港スタッフ多い、保安検査場が近い
2. 使用機材がLCCよりも大きめ
3. 機内食は1種類、本当に「軽食」レベル
4. 初めて見た、ある意味で機能的なステッカー
5. 金浦便、ソウル中心部がよく見える!
6. エコノミーでも日本の新聞と雑誌が読める!

1. 空港スタッフ多い、保安検査場が近い

搭乗時期・空港は、旧正月シーズンで大混雑していた、
関西国際空港。

だから、チェックインカウンターも長蛇の列・・・と思ったら、
エコノミークラスでも、ほとんど並ばず!

隣りのカウンター、某海外LCCが激混みだったのと対照的。
この辺さすが、大手航空会社です。

しかも、KEのチェックインカウンター、北の保安検査場に、
すごく近いんですよ。使ってみて、初めて知った。
いわば「一等地」みたいな感じ。さすがです。

ちなみに、搭乗口もシャトルを降りてすぐ。さすが!

2. 使用機材がLCCよりも大きめ

この日の使用機材は、ボーイング777-200ER。

KEもアシアナもそう。
韓流ブーム時は747だったり、日韓関係が怪しくなったら、
737にサイズダウンしたり、便の数こそ変わらなくとも、
使用機材、けっこうコロコロ変わります。

今、日本から韓国に観光客がそんなに行かなくなっても、
あちらからたくさん来られているので、機材も大きいです。

LCCがエアバスA320、ボーイング737と比べると、
飛行機が大きいので、快適。

日韓関係がやや微妙で、減便や運休が話題の日韓路線ながら、
KEの大阪-ソウル便は安定しています。
ちょっとサイズダウンして、最新のボーイング787の時もあります。
(↑ むしろこれに乗ってみたい!)

3. 機内食は1種類、本当に「軽食」レベル

LCCとの最大の違い、「機内食」があること。

DSC_8909

以前、アシアナ便でお弁当が出てきたのでちょっと期待したら、
大韓航空での行きの便、サンドイッチでした。

そして、帰りの便は機内食、というより箱が配られてきました。

DSC_9122

中身、なんだろうと、開けてみると・・・コンビニおにぎり!?
ちょっとビックリしました。

DSC_9125

ちなみに。チェジュ航空、昔はこんなコンビニで、箱にも入ってなく、
テーブルにボン!と置かれただけということがあったものの、
KEは箱に入っていて、パイナップルもあるだけマシ・・・か?
(チェジュ航空、現在は有料)

ただ、帰りは搭乗前にとんでもなく大きなケーキを食べて胸焼けし、
ランチも食べられなかったので、これぐらいでちょうど良かった。

4. 初めて見た、ある意味で機能的なステッカー

国内外いろいろな航空会社に乗ってきて、こんなステッカー、
初めて見たかもしれません。

DSC_8905

シート前のポケットに入っていました。

5. 金浦便、ソウル中心部がよく見える!

これまでのソウルといえば、仁川空港のみ。
特に今回、天気が良かったので・・・

DSC_8918

ソウルの中心部がよく見えました。
・・・というより、こんな降下して飛ぶんですね、スゴい。
同じ首都でも東京ではあり得ないこと。

6. エコノミーでも日本の新聞と雑誌が読める!

日本の新聞と雑誌、エコノミークラスでも「読み放題」

特に、日本人が少ないと、競争率低くてラッキー!
新聞は朝日と日経、雑誌はAERAと文芸春秋を読みました。

日系が2社とも、エコノミーで読めなくなって久しいので、
なんだか新鮮で。
考えてみたら、エアプサンでもキャセイでも読めるので、
日系だけがなんだか・・・とも思わないでもなく。

あともちろんですが、映画も見放題。

「スター・ウォーズ」6作品、そろっていました。
ただ、往復でも1作品を見るのが精いっぱい(苦笑)

==========

今回、往復で大韓航空を利用して、さすが韓国最大手の航空会社で、
利用しやすさはもちろん、新聞と雑誌がエコノミーでも読め、
これで航空券がLCC各社より実は安いこともあり、コスパ最高!

手荷物の心配もせずに済み、遅延も一切なし。
日系でなくても2時間弱のフライトなら余裕です。

>> スカイスキャナーで航空券比較検索



You may also like...